浅野中学・高校
学校の特徴・カリキュラム

浅野中学・高校 特徴

中高一貫の進学校

浅野中学・高校は、勉強・部活に熱心な学校です。中高6年間一貫のカリキュラムで、首都圏を代表する進学校として、進学実績を伸ばしています。

中1・2を「形成期」、中3・高1を「発展期」、高2・3を「完成期」としています。

浅野高校 クラス

AクラスとSAクラス

浅野では高1から習熟度別にAクラスとSAクラス(特進クラス)に分かれます。

また、SAクラスは内進生、外部生(高校受験組)のクラスがそれぞれあります。 早慶レベル以上の難関大学を志望している場合は、SAクラスに入ることをおすすめします。
内進生は中学3年生の成績(実力テスト含む)と入試の結果でSAクラスに入れるか判断されます。

そのため、SAクラスに入りたい方は、中学校のうちから計画的に勉強することが重要となります。また、授業で習っていない内容にも、積極的に取り組んでいくことがとても大切です。

浅野中学・高校 カリキュラム

中3からは習熟度別クラス

浅野中学・高校は、大学受験に通用する学力を養成することを目的としており、英語・数学・理科は、中3までに中学の内容が終わります。それからは、英数では、成績上位者を集めた「英数クラス」が設置され、習熟度別・進路別に授業が展開されます。

独自の教材

高3からは、浅野独自のテキストを使用します。英国理社に関しても教科独自のプリント教材を多く使用しています。

英検習得に力を入れている

英検取得に力をいれており、中2で英検3級、中3で準2級を目指しています。

浅野中学・高校 小テスト

中学1・2の英語は、ほぼ毎時間小テスト

浅野中学・高校は、小テストが多く、特に英語は中学1・2の間は、ほぼ毎時間小テストがあります。これに合格しないと再テストも行われるため、しっかり学習し、平均点以上を目指しましょう。

小テストに加えて、宿題もとても多くなっています。自分なりにペースを作って、計画的に学習することが大切です。

浅野中学・高校 補習

学習フォローは手厚い

浅野中学・高校は、生徒に対して、手厚く学習のフォローを行います。例えば、テスト前には、授業プリント以外に、補助プリント教材が配布されます。また、成績不振者・希望者に対しては、補習が盛んに行なわれます。学校側からの学習のフォローを利用して、苦手分野をなくしましょう。

浅野中学・高校 学習ポイント

浅野の進度・レベルに合わせた学習を

浅野で成績を上げるためには、きちんと浅野のカリキュラムを知った上で、浅野独自のオリジナルテキスト・補助プリントを着実に理解していかなくてはいけません。
浅野の進度・レベルに合わせた適切な学習を日々積み重ねましょう。

勉強計画を早めに立てる

浅野のカリキュラムは、「授業進度が速い」「小テスト・宿題が多い」「オリジナル教材を使用する」という特徴があります。日頃から授業内容を理解し、家庭学習をしっかり行わなければ、授業についていくことが難しくなります。

そのため、勉強計画を早めに立て、日々の予習・復習や、わからないところはすぐに解消する、といった学習習慣を身につけることが大切です。

留年は赤点3つ以下か、評定5.5以下

赤点3つまたは平均評定5.5以下で留年です。留年にならないよう、毎日の学習をし、分からない所を残さないように学習させましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 浅野中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 浅野中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

浅野中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、浅野中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、浅野中高で成績を上げるには、「浅野中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの浅野中高のお子さんを指導してきました。ですので、浅野中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

浅野中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ