慶應義塾普通部
数学の定期テスト対策・補習

このページでは、慶應普通部の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、慶應普通部の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

慶應義塾普通部・数学 使用教材・問題集

『中学校数学』、『新A CLASS』、プリントを使用

慶應普通部の数学では、教科書『中学校数学1~3』、問題集『新A CLASS 中学数学問題集』、オリジナルプリントが使用されています。

『新A CLASS 中学数学問題集』とは、昇龍堂出版の問題集です。あまり詳しい解説はなく、また、解答は別冊なので、復習が難しい問題集です。難度が高く、他の問題集に比べて問題量が多いため、一度つまずいてしまうと、なかなか取り戻すことが出来ません。

『A級・クラス中学数学問題集』の詳しい情報はこちら→

慶應義塾普通部・数学 授業について

授業は「数Ⅰ」と「数Ⅱ」で分かれている

慶應普通部の数学の授業は、「数Ⅰ」と「数Ⅱ」でわかれています。
どちらも、問題集『新A CLASS 中学数学問題集』と、オリジナルプリントを中心に進みます。授業内で問題を解き、採点して解説を聞くというスタイルの授業です。
演習中心の授業のため、理解できずにいると、そのまま授業が進み、取り残されてしまいます。
分からないところは、残さずに、復習や質問をして、その都度解決しましょう。

また、慶應普通部の数学の宿題も問題集の『新A CLASS 中学数学問題集』からでます。
宿題の問題も定期テストに出題されますので、定期テストで高得点を取るためにも、宿題はしっかりやりましょう。

慶應義塾普通部・数学 定期テスト(数Ⅰ)

数Ⅰのテストは、授業内容が中心

慶應普通部の「数Ⅰ」の定期テストは、基礎から標準の問題が中心に出されます。 授業で習った内容とほぼ同じ問題が出るので、授業をしっかり聞いてノートを取り、習った問題を繰り返しやり直すようにして下さい。

問題数自体は多くないですが、計算過程を書かせる出題方式のため、答えがあっているだけでは、丸はもらえません。
しかし、逆に言うと、答えが出せなくても途中式があっていれば、部分点がもらえることがあるので、点数が稼げるというメリットもあります。
途中式をわかりやすく書く、という練習を、普段からしておくといいでしょう。

慶應義塾普通部・数学 定期テスト(数Ⅱ)

数Ⅱのテストは、8割近くが問題集からの出題

慶應普通部の「数Ⅱ」の定期テストは、『新A CLASS』をしっかり理解していれば70~85点は取れるテストです。なので、授業で習った分野の問題は、何度も解きなおして、理解しましょう。

また、プリントからの出題も目立ちます。プリントもしっかり解き直して、公式や解法を丸暗記することなく、答えが出るまでの過程をきちんと理解しておくようにしましょう。

残りの15~30点分は応用問題(チャレンジ問題)です。まずは基礎力を身につけた上で、応用問題にも取り組むようにしましょう。

慶應義塾普通部・数学 成績評価

数Ⅰと数Ⅱで評価方法が異なる

数学の成績は、ⅠとⅡで評価方法が異なります。
Ⅰは、テストに休み明けの試験、小テスト、提出課題、授業の積極性も評価の対象になります。Ⅱは、定期テストに足して、小テスト、ノート、宿題が評価範囲に入ります。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 慶應普通部のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 慶應普通部で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

慶應普通部のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、慶應普通部のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、慶應普通部で成績を上げるには、「慶應普通部に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの慶應普通部のお子さんを指導してきました。ですので、慶應普通部の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

慶應普通部に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ