晃華学園
英語の定期テスト対策・補習

このページでは、晃華学園中高の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、晃華学園中高の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

晃華学園中学・高校・英語 使用教材

使用教科書は『プログレス21』

progress21

晃華学園では、『Progress in English(以下プログレス21)』を使用しています。使用問題集は、『ウイニング中学問題集』です。

プログレス21は、イエズス会出版の英語教科書で、多くの私立学校が使用しています。

内容は、大学受験英語とは方向性の異なるもののため、物語や小説などを扱っています。

難しい教材ですし、確かに英語力は身につくのですが、大学受験のための英語と、プログレス(学校)の英語の学習の両立に、多くの生徒さんが苦労します。

『プログレス21』の詳しい情報はこちら→

晃華学園中学・高校・英語 コース編成

上のクラスは、英語で授業を行う

晃華学園の英語の授業は、中2からは習熟度別になり、上位約40人のAクラスと、それ以外のBクラスに分けられます。Aクラスでは基本が分かっていること前提で、高校の問題演習プリントにも取り組むようになります。このクラスは、毎回のテスト結果で上下します。クラスアップを目指して、テスト対策はしっかり行っていきましょう。

また、上のクラスでは、毎回の授業がすべて英語で行われます。かなりレベルの高い英語力を求められるので、上のクラスをキープすることは難しいです。
テスト前にまとめて学習するのではなく、毎日の復習をしっかり行いましょう。

晃華学園中学・高校・英語 授業

英語は週6時間

晃華学園では、英語に最も多くの時間が充てられており、各学年とも英会話を含め、週6時間あります。ネイティブ講師による英会話や英作文の授業があり、中3になると、リーダーの授業を英語で行う、「英英授業」が実施されます。
また、高1の夏休みには校内イングリッシュ・スピーチ・コンテストが設けられています。

中2からは、出来ないお子さんが増えてきます。その一方で、出来る子はテストでもかなりの高得点を取るため、平均点は毎回ほとんど変わりません。英語ができる子とできない子との差がかなりついてしまう学校です。
周りもできない子が多いからと安心することなく、上を目指して対策するようにしましょう。

晃華学園中学・高校・英語 資格

英検とTOEICを学内で受験できる

晃華では、英検とTOEICを学校内で受験できます。毎年1月末に中2~高2を対象に実施されます。英検を学校内で受験できるのは2級までなので、すでに2級まで習得している生徒はTOEICを受けます。

晃華学園中学・高校・英語 定期テスト

基礎から応用まで幅広く出題

晃華学園の英語の定期テストは、自分で英文を書く問題が多く出題されます。単語や発音など、英語の基礎となる問題も出題される一方で、長文読解問題も、中1の1学期から出題されます。
スペルミスなどの、ケアレスミスに気を付けながら、『プログレス』の難しい内容にも対応できるよう、しっかり学習しましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 晃華学園中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 晃華学園中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

晃華学園中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、晃華学園中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、晃華学園中高で成績を上げるには、「晃華学園中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの晃華学園中高のお子さんを指導してきました。ですので、晃華学園中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

晃華学園中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ