明大明治中学校・高校
国語の定期テスト対策・補習

このページでは、明大附属明治の国語についてお話しています。
定期テスト対策や、明大附属明治の国語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

明大明治中学・国語 教科書・授業

現代文は教科書・プリント・問題集中心

明大明治の国語は、現代文は教科書、漢字はプリント、文法は問題集を使用します。
また、古典は、百人一首を習います。古典で学習する百人一首は、必ずテストに出題されます。復習をしっかりし、完璧に覚えてしまうまで、練習しましょう。
一度にすべてを覚えるのは大変なので、習ったら随時復習することが大切です。

明大明治高校・国語 授業

繰り返しが特徴の授業

明大明治の国語は、各学年で、評論文・随筆文・物語文を繰り返し学習します。そして、内容の定着とともに、徐々に問題を難しくしていく、という授業を行っています。
また、生徒の調べ学習を中心とした、発表の時間がとられています。

高1・2では、身近な「環境問題」「国際理解」に関わる小論文を書きます。
読むだけではなく、書く力を求められる授業です。普段から、文章を書くことに慣れておく必要があります。

明大明治高校・国語 テスト(漢検)

漢検という明大明治オリジナルの漢字テスト

明大明治中には、『漢検』という、漢検ドリルをもとに、先生がつくるオリジナルテストがあります。
生徒たちが漢検といっているだけで、いわゆる漢字検定ではありません。

毎回の定期テストと同時にテストがあり、15題は書き・10題は読みが出題されます。範囲は130字くらいです。級が分かれていますが、人によって進度は違います。
不合格の場合、再度同じ級に挑戦しなくてはいけません。
また、テストと同時に範囲の漢字を練習したノートの提出もあります。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 明大附属明治のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 明大附属明治で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

明大附属明治のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、明大附属明治のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、明大附属明治で成績を上げるには、「明大附属明治に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの明大附属明治のお子さんを指導してきました。ですので、明大附属明治の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

明大附属明治に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ