明治学院中学・東村山高校
英語の定期テスト対策・補習

このページでは、明治学院の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、明治学院の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

明治学院中学・東村山高校・英語 使用教材

教科書は『Progress In English 21 Book 1』を使用

progress21

明治大学・東村山高校の英語では、ハイレベルな教科書『プログレス21』を使用しています。

『Progress In English 21 Book1』は、大学受験英語とは方向性の違う内容で、物語や小説などを扱っています。
大学入試に必要な「文法」「語彙力」はほとんど扱われていないため、大学受験のための英語と、プログレス(学校)の英語の学習の両立に苦労するお子さんは数多くいらっしゃいます。

『プログレス21』の詳しい情報はこちら→

明治学院中学・東村山高校・英語 授業

ネイティブと触れ合う、プリント中心の授業

中学3年間で、『プログレス21』BOOK3(ほぼセンター試験レベル)まで終了するので、英語の授業についていくのは非常に大変です。予習・復習は欠かさず行ってください。
ただ、ハイレベルな授業の一方で、明治学院中学校・東村山高校は補習・補講などの学習フォローにも力を入れているため、積極的に利用して、理解を深めていくようにしてください。
また、中3までに英検3級取得を目指しています。ですので、学校の勉強以外の対策も不可欠です。市販の問題集などを使用し、しっかり対策を行いましょう。

明治学院中学・東村山高校・英語 定期テスト

量が多く、いつもの勉強量が試されるテスト

明治学院中学の英語のテストでは、中1からテスト問題にリスニングがあります。
文法問題や長文読解問題、並び替えなど、いろいろな問題が一度のテストに組み込まれており、問題数は多くなっています。

問題数の多さから、最後まで解き終わらなくなりがちです。そうならないためにも、普段から授業で習った内容は何度もやり直し、教科書も音読を繰り返して、問題を見た瞬間に答えられるようにしましょう。

明治学院中学・東村山高校・英語 成績評価

評価の3割は復習テストと平常点

英語は、英語(100点満点)と、英会話に分かれています。英語の成績は定期テストの他に、平常点、復習テストの点数の合計で100点です。平常点は、授業態度だけでなく、授業中に行われる小テストの点数も加味されます。そのため、日ごろの勉強から気を抜かずに行うことが大切です。テスト前には提出物もあり、こちらも平常点に関係するので、しっかりと期日を守りましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 明治学院のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 明治学院で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

明治学院のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、明治学院のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、明治学院で成績を上げるには、「明治学院に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの明治学院のお子さんを指導してきました。ですので、明治学院の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

明治学院に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ