武蔵野女子
学校の特徴・カリキュラム

武蔵野女子 特徴

仏教精神に基づいた教育目標

武蔵野女子学院では、「仏教精神にもとづく、真の人間教育、人間成就の教育」を建学の精神とし、「明るい知性と豊かな情操を備え、聡明にして実行力のある女性の育成」を教育目標としています。

武蔵野女子 カリキュラム

主要3教科の時間が多い

武蔵野女子学院では、基礎学力の充実を重視し、中学校の間は主要3教科の時間を多く取っています。

先取り授業で進度が速い

また、先取り学習のため、授業進度が速くなっているのも、武蔵野女子学院の特徴です。授業についていくためには、予習・復習の学習ペースを早めに身につけることが必須です。

武蔵野女子 教材

オリジナルテキストを使用

武蔵野女子は、教科によっては、オリジナルテキストを使用して授業が進みます。そのため、市販の問題集で対策をすることが難しくなっています。授業で使用している教材を中心に学習を進め、分からないところは先生に質問して早めに解決するようにしましょう。

武蔵野女子 少人数クラス

中2~高1の英数は習熟度別クラス

武蔵野女子は、中2~高1は、英語・数学の授業が習熟度別の少人数クラスになります。このクラスは、学期ごとの成績で入れ替わります。クラスによって授業内容や進度に差があるため、上位大学を目指す場合は、上位クラスを目指すことが不可欠です。
苦手な部分・テストに出やすい部分から優先順位をつけて効率的に勉強し、テストで高得点を取って、上位クラスを目指しましょう。

武蔵野女子 補習

英数国では指名制の補習がある

武蔵野女子学院は、補習制度がしっかりしているのが特徴です。
英・数・国では指名補習制度が実施されています。ただ、補習が長い間続くと自分の学習ペースも崩されてしまいます。できるだけ補習を受けなくて済むよう、家庭学習を計画的に進めるようにしましょう。

また、得意教科を伸ばすために、発展的な内容を学習する補習も用意されています。この補習は、主に長期休暇中に開講されます。科目は国語・英語・数学・理科・社会などです。
こういった補習は積極的に活用して、力を身につけていきましょう。

武蔵野女子 内部進学

高校では7割が内部生

武蔵野女子は、日常生活に問題がなければ、全員高校へ進学できます。高1に占める内部生の割合は約73%です。

高校に入ると、進路別のコース制

高校に入ると、「進学コース」「薬学理系コース」に分かれ、進路別に授業を受けます。
進学コースは、高2からさらに目標に応じたコース別クラスになり、「選抜進学文・文理コース」「総合進学コース」に分かれます。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 武蔵野女子のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 武蔵野女子で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

武蔵野女子のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、武蔵野女子のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、武蔵野女子で成績を上げるには、「武蔵野女子に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの武蔵野女子のお子さんを指導してきました。ですので、武蔵野女子の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

武蔵野女子に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ