立教池袋
国語の定期テスト対策・補習

このページでは、立教池袋中高の国語についてお話しています。
定期テスト対策や、立教池袋中高の国語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

立教池袋・国語 使用教材

立教新座高校の教科書は『高等学校 国語総合』

立教池袋の国語の授業では、高校では、『高等学校 国語総合 改訂版(三省堂)』を使用しています。

『高等学校 国語総合 改訂版(三省堂)』は、8つの文章を載せていて、大学受験で要求される高度で難解な文章の読解にもしっかりと対応しています。
名作では、近代から3本、現代から2本が採用されています。

立教池袋・国語 授業

授業は自分で文章を書かせるカリキュラム

立教池袋国語では、教科書から過去の文章を読み、その筆者の気持ちを考えます。国語の授業では、生徒自身が自分の作品を作ることを重視しています。キャンプや校外学習に行ったら必ず作文を書きますし、夏休みには、読書感想文を書きます。

その他、身の回りのエッセイや、世の中をこうすればいいという主張文も書くようにしています。高校では、論文の書き方も取り上げます。年度末には、「ひまわり」という文集を作成します。

立教池袋・国語 定期テスト

定期テストは課題文が長いので注意

立教池袋の国語のテストは、上に課題文が載っていて、下に問題文が載っています。問題量的には、そこまで多くありませんが、課題文が長いので、習ったところをしっかり復習して、読む手間をなるべく減らすことが大切です。
また、漢字問題も多く出題されます。1問1点の配分のことがほとんどですが、漢字は大切な得点源です。取りこぼしのないように、しっかり学習しておきましょう。

立教池袋・国語 成績評価

定期テスト以外に、平常点も加味

定期テストだけでなく、他教科と同様、平常点が30点分加味されます。その他、漢検の級所得者は、級に応じて平常点に加点されます。成績に不安のあるお子さんは、漢検を取得することも1つの手段です。
なお、定期テストの平均得点と合わせて、50点未満だった場合は不合格の審議対象となります。

立教池袋・国語 課題

不合格者には論述テストかレポート課題

立教池袋では、定期テストと平常点の合計点が、50点に満たなかった生徒は、高校仮進級者の合格方法や高3の不合格者の救済措置が取られます。
高1・2は、指定課題図書2、3冊読了後、それについての論述テストを実施し60点以上を取れば合格、高3は追試やレポートによって合格です。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 立教池袋中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 立教池袋中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

立教池袋中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、立教池袋中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、立教池袋中高で成績を上げるには、「立教池袋中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの立教池袋中高のお子さんを指導してきました。ですので、立教池袋中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

立教池袋中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ