立教池袋
数学の定期テスト対策・補習

このページでは、立教池袋中高の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、立教池袋中高の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

立教池袋・数学 使用問題集

問題集は『新中問』を使用

shinchumon

立教池袋中学の授業は、『新中学問題集』を使用しています。

『新中学問題集』は、新中学問題集は、標準編・発展編・演習編の3冊で構成されています。
新中学問題集には、別冊解答がついています。
解説がついているのは、難しい問題が中心です。

そのため、基礎~標準の問題で間違えた場合、「なぜそういう答えになるのか」など理屈が分からない場合がほとんどです。
また、難度が高いため、その都度解決していかないと、分からない問題が積み上がり、苦手になってしまいます。

『新中学問題集』の詳しい情報はこちら→

立教池袋・数学 授業

小テストや補習が豊富

中学では、まず確かな計算能力を身に着けます。そのために、授業用のノートと問題集用のノートを分けています。そうすると、理解度や進み具合が見やすくなります。
また、小さな単元が終わるごとに、小テストを実施しています。

夏休みには補習を実施しており、選科での個別指導も行っています。 しかし、自分から行かなくてはいけないシステムです。頼り切らずに、自分で勉強を進める必要があります。

立教池袋・数学 確認テスト

確認テストは、しっかりやり直す

授業では、総合テストの他に、確認テストも複数回、実施されます。総合テスト同様に範囲が発表されるため、しっかり準備して臨みましょう。

この確認テストの範囲が、総合テストの範囲にも重なります。総合テストで良い点数をとるためにも、確認テストの解き直しを怠らないことが大切です。

立教池袋・数学 定期テスト

授業プリントは途中式まで復習する

総合テストは、授業内容から出題されます。特に、授業プリントは途中式まで念入りに復習しておきましょう。

総合テストの前には、問題集ノートの提出が義務づけられています。こういった提出物などの平常点は成績に大きく影響します。必ず期限通りに提出するよう、心掛けて下さい。追試は60点以上で合格、追加題は、教科書や問題集の問題を解くというものです。

立教池袋・数学 成績評価

定期テストが7割、平常点が3割の成績評価

立教池袋の数学は、実総得点が50点未満の場合、授業への意欲が低いとみなされ、不合格の審議対象になります。この実総得点は、定期テスト:平常点(小テスト・提出物)=7:3で計算されます。提出物のノートやレポートなども評価されるため、期限内に提出しましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 立教池袋中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 立教池袋中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

立教池袋中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、立教池袋中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、立教池袋中高で成績を上げるには、「立教池袋中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの立教池袋中高のお子さんを指導してきました。ですので、立教池袋中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

立教池袋中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ