成城中学校・高校
数学の定期テスト対策・補習

このページでは、成城中高の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、成城中高の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

成城・数学 使用教材・問題集

教科書は『体系数学』

taikei

成城の教科書は、『体系数学』を使用します。その他に、成城オリジナルテキストも使用しています。

体系数学は、数研出版の教科書です。多くの私立校で使用されています。

しかし、授業進度がかなり早いので、予習しないとついていけない場合もあります。

また、公立校の教科書と比較すると量が多いです。そのため、こなしきれない生徒さんもいらっしゃいます。
ついていけないと感じたらすぐに、先生などに相談をしましょう。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

成城・数学 授業

中学のうちから高校の授業を実施

成城の数学の授業は、中学のうちに高校数学を積極的に取り入れています。
また、効率的に学習を進めるために、「単元別先取り学習」を実施しています。
高校に入ると、中学での学習を踏まえて、高2までに演習を繰り返します。
高3では、大学受験を見据えた応用力を鍛えるような授業を行っています。

苦手なままにしておくと、どんどん分からなくなってしまいます。分からないことがあれば早いうちに、先生に相談しましょう。

中1で計算力に特化した授業の実施

成城では、数学の基礎である計算力を確かなものにするため、中1で計算力に特化した授業を行います。この授業は、週に1時間実施されます。また複数の先生がおり、生徒一人一人にきめ細やかな授業を行えるよう配慮しています。

中学は「代数」と「幾何」のクラスが別にある

中学で行われている数学の授業は、「代数」と「幾何」の授業が別の単元となっています。「代数」は週に3時間、「幾何」は週に2時間あり、3年間しっかり基礎を定着させながら学習できます。

成城・数学 カリキュラム

高3で国公立と私立のクラス分け

成城では、高2になると文系と理系で数Ⅱのカリキュラムが違います。
文系は3つのテーマを扱うことに対し、理系では5つのテーマを1年間で学びます。

また高3になると、「国公立文系」「私立文系」「国公立・私立理系」の3つのクラスに分かれます。
「国公立文系」は、数Ⅱを週5時間行い、2次試験にも対応できる力を養います。
「私立文系」は、数Ⅰと数Ⅱを週2時間ずつ行います。
「国公立・私立理系」では、数Ⅰを週2、数Aを週2、数Ⅲを週5で行います。

どのクラスを選んでも、しっかり数学を勉強することになります。
受験で使う方はもちろん、使わない方も苦手な分野などの対策をしておきましょう。

成城・数学 補習

長期休暇前の補習が充実

成城中学では、夏休みなどの長期休暇前に補習期間を設けています。またそれだけでなく、先生が必要だと思った場合には、放課後にも補習を行っています。
中3以降は、学力向上を目指す生徒を対象に実施されます。
さらに、大学受験に向けての講習が、夏休みや冬休みに行われています。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 成城中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 成城中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

成城中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、成城中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、成城中高で成績を上げるには、「成城中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの成城中高のお子さんを指導してきました。ですので、成城中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

成城中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ