成城学園中学校・高校
学校の特徴・カリキュラム

成城学園 校風・特徴

部活動が盛ん

成城学園は、創立時から「個性を尊重し、自然に親しむ中で、意志を鍛錬し、豊かな心情を培い、科学的な研究を基とする教育」を目指しています。
生活指導では自主自律をモットーとしており、生徒の自主性と判断力を尊重しています。部活動が盛んで、特にテニス部は、全国大会準優勝の実績があります。

成城学園 カリキュラム

少人数制授業の実施

成城学園の 授業は、多くの教科で20人の少人数授業を実施しています。また、各クラス2名の担任を置き、お子さんの個性に合わせた教育を行います。

独自のカリキュラム

成城学園では、音楽・美術・書道・技術家庭を18講座にわけられています。その中で、希望の1講座を選んで受講するなど、独自の教育法を盛り込んでいます。
また、独自の副教材も使用しており、国語では教科書以外に、独自編修した「文章読本」を使用しています。

高2からはコース制に

高2・3になると、進路に対応して、文系A、B、理数系の3コースに分かれます。
また、高2から選択科目を多くし、英語や演習系の授業を中心に少人数制授業を行い、大学受験に備えます。

成城学園 補習

水曜日の午後は補習の時間

水曜日の午後は、原則として部活動は行わず、補習などの授業に当てられます。
このように「補習」はしっかりありますが、成城は宿題がたくさん出るわけではないので、自ら計画を立てて勉強していく必要があります。学習のスケジュールを自分で立て、毎日コツコツ取り組めるようにしましょう。

成城学園 学習ポイント

提出物が多い

成城学園は、宿題がたくさん出されるわけではないこと、提出物が多いことも特徴です。
そのため、自主的に勉強をすることで授業内容を理解しながら、提出物も日常的にこなしていくことが求められます。
成城大学への進学を考えている場合には特に、学園独自のカリキュラムを熟知し、自分にあった勉強を行うことを心がけましょう。

赤点の基準

成城学園では、赤点が明確に設けられているわけではありませんが、定期テストの点数50点以下がボーダーラインと言っても良いでしょう。

成城学園 大学進学

内部進学には2.6以上の内申点が必要

成城大学に内部進学するためには、7段階評価(1・2・3-・3・3+・4・5)の内申で、平均で2.6以上(3-=2.5、3+=3.5と計算)の成績をあげなければいけません。

推薦合格率は6割前後

厳しい基準であるため、成城大学への推薦合格率は、毎年6割前後(そのほとんどが文学部)にとどまっています。
理系学部へ推薦での進学を考えた場合、浪人の可能性の方が大きくなります。
成城学園での成績を上げ、大学に現役合格するためには、カリキュラムを熟知した上で、学校の進度・レベルに合った最適な学習を行うことが重要です。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 成城学園のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 成城学園で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

成城学園のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、成城学園のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、成城学園で成績を上げるには、「成城学園に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの成城学園のお子さんを指導してきました。ですので、成城学園の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

成城学園に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ