芝中学・高等学校
英語の定期テスト対策・補習

このページでは、芝中学・高校の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、芝中学・高校の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

芝中学・高校・英語 使用教材

教科書は『Bird land Junior English』を使用

birdland

芝中学・高校の英語では、教科書は『Birdland Junior English』を使用しています。副教材は、『Birdland Junior English 完成問題集』、『Talk and Talk』、『文法パターン練成 必修編』などです。
『Birdland』は、先取りカリキュラムが特徴で、中学3年間で、高校で学ぶ文法事項をすべて扱います。
また、中2から急速に難しくなり、中3になると、大学受験レベルの問題も取り扱います。

なので、途中から全くついていけなくなる生徒さんが、毎年かなり多くいます。

『Birdland』の詳しい情報はこちら→

芝中学・高校・英語 授業

中高ともに、多くの英文を読むことを重視

英語の授業では、復習を重視したカリキュラムになっています。英語の勉強は積み重ねと考え、自主的に学習することを推奨しているためです。

中学では文法理解、語彙力強化、読解練習を中心に「多く量をこなすこと」と、「こまめに小テストをして復習・定着を図ること」を心がけています。そのため、授業ごとに、練習問題の宿題が出され、単語の小テストも行われます。中2・3では、ネイティブスピーカーの先生による英会話の授業(1クラス2分割)を行い、会話力強化も図っています。

高校では、副読本や問題集を活用し、多くの量の英文を読みます。
文法は高1で全範囲を学習し、高2の英作文では、その再確認をします。語彙は単語・熟語それぞれ専用の副教材を用い、3年間継続して学習します。

高3になると大学入試問題の演習を徹底的に行います。高1から高3まで、入試用リスニング練習があります。
また、中2~高1では、全生徒がTOEIC Bridge受験をしなくてはいけません。

芝中学・高校・英語 定期テスト

定期テストの出題はまんべんなく

芝中高の定期テストは、教科書や問題集から出題されます。授業で学習した内容が定着できていれば、平均点以上がねらえます。
定期テストでは、リスニング問題が初めに出題されます。リスニング、単語、文法、読解がバランスよく出題されているため、英語の総合的な知識が試されます。
日ごろから英語をたくさん聞き、たくさん読む練習をしましょう。

芝中学・高校・英語 成績評価

平均点2割、定期テスト7割、英会話1割

成績は、平常点(20点)、定期テスト(70点)、英会話(10点)の100点満点で評価されます。定期テストで高得点を取ることはもちろん、授業内の小テストで得点することや宿題にしっかり取り組むこともとても重要です。
当たり前ですが、提出物は期限内に出すことを厳守しましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 芝中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 芝中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

芝中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、芝中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、芝中学・高校で成績を上げるには、「芝中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの芝中学・高校のお子さんを指導してきました。ですので、芝中学・高校の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

芝中学・高校に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ