芝中学・高等学校
数学の定期テスト対策・補習

このページでは、芝中学・高校の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、芝中学・高校の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

芝中学・高校・数学 使用問題集

教科書は『体系数学』

taikei

教科書は『新しい数学』、問題集は『一貫数学』を使用しています。図形の教科書は『体系数学 幾何編』、問題集は『体系数学問題集』を使用しています。

『体系数学』は、私立の中高一貫校で広く使用されています。1~6まであり、主に1~3が中学校で使用されています。

内容は、先取りです。中1で使用する『体系数学Ⅰ』で、中1・2の範囲を終わらせ、中2で使用する『体系数学Ⅱ』で、中3の範囲を終わらせる内容になっています。
また、学習要綱の範囲外の問題も載っているので、かなり量が多いことが特徴です。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

芝中学・高校・数学 授業

中3で高校数学の内容を学び始める、先取り授業

中学では数学を「数量」と「図形」に分けて学びます。「数量」では計算や、いろいろな式の解き方などを学びます。「図形」では角度や面積・体積などを求めるだけではなく、三角形や円などの性質を学びます。

数量の授業は、問題集と教科書を中心に進みます。数量の問題集は、定期的に提出があり、内容に不備があると再提出を促されるので、しっかり解きましょう。
図形の授業は、問題集と教科書を中心に進みます。

中3の時点で高校数学の内容を学び始め、高3の1学期までには高校数学を学び終えます。高校3年では大学受験に向けて本格的な数学の演習を行います。

中高ともに授業では芝独自に作成したプリントを使って演習問題を繰り返し、さまざまな確認テストを行います。

芝中学・高校・数学 定期テスト(数量)

途中式は丁寧に書く

芝の数量の定期テストは、問題数が多いので、時間配分に注意が必要です。前半の平易な問題は素早く解き、後半の複雑な計算問題でじっくり時間をかけられるようにしましょう。
問題には、途中式を書くスペースが与えられています。問題用紙と解答用紙が同じため、テストの途中式は、必ずみられるところです。
また、ケアレスミスはもったいない失点です。防ぐためにも、途中式は丁寧に書きましょう。

芝中学・高校・数学 定期テスト(図形)

見直しはしっかりする

芝の図形の定期テストは、授業で扱った内容から数字・形式を変えて出題されます。暗記するのではなく、問題の解き方を定着させることが大切です。 図形の定期テストでは、証明問題以外に、強制的に式を書かせる問題はほとんど出題されません。 しかし、しっかり途中式を書かなくては、ケアレスミスを起こしてしまいます。なので、途中式は書くようにしましょう。また、単位まで答える問題がほとんどです。忘れてしまうと、減点されてしまうため、見直しはしっかりするようにしましょう。

芝中学・高校・数学 成績評価について

平常点でも高得点を狙う

中3では、中学の総まとめとして「中学基礎力テスト」を実施しています。
また、定期テストや基礎力テスト以外にも小テスト、問題集やノートの提出状況、授業態度などの平常点も成績に加味されます。平常点で高得点を取るためにも、日頃の勉強に力を入れましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 芝中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 芝中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

芝中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、芝中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、芝中学・高校で成績を上げるには、「芝中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの芝中学・高校のお子さんを指導してきました。ですので、芝中学・高校の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

芝中学・高校に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ