高輪中学校・高校
学校の特徴・カリキュラム

高輪 校風・特徴

授業進度はかなり早い

ただ、高輪では、主要5教科で先取り学習を実施しています。
中3の時点で、高1までの過程を修了するので、授業進度はとても速くなっています。
また、高校へ進学するには、在学中、一定の成績をとることが必要です。
早いうちに自分に合った勉強のやり方を身につけましょう。

講習制度が充実

講習は中高ともに、希望性の補習を夏と冬の長期期間中に行っています。 また、平常時の朝・放課後には、授業を発展させた内容で、指名制の補習を行っています。

多くの試験を実施

実力考査は、中学生は各学年とも年間校外実力考査1回、校内実力考査1回実施。 高校生は、高1・2は校外実力を実施、高3は校外模擬試験を実施。センター式2回、記述式2回です。

高輪 カリキュラム

中高一貫カリキュラムの編成

高輪では、 全員が大学進学することを前提にした、中高一貫カリキュラムを編成しています。
6年間を「中1・2」、「中3・高1」、「高2・3」と、3つの期間に分け、それぞれ、「基礎学力徹底期」、「進路決定・学力伸長発展期」、「大学受験に照準を合わせる総仕上げ・進路達成期」として、独自のカリキュラムで学習を進めています。

選別クラス、一般クラス

高輪中学校では、中3から選抜クラスというものができています。
今まで一般クラスが6クラス併設されていたものが、一般クラスが4つ、選抜クラスが2つになります。

高校2年生から、科目別クラスに

高校に入学すると、内部生と外部生は別クラスになります。内部生の割合は、90パーセントです。
高2になると、文系・理系のコースに分かれ、進路別の授業に臨みます。高3では、選択授業が15講座ほど開講されて、入試演習問題に取り組みます。

また、高1の内部生は、中3と同じで、一般クラスが4つ、選抜クラスが2つです。

高輪 教材

独自の教材を使用した授業

高輪では、独自のプリント・テキストを使った授業も行われます。塾や市販の教材では対策が難しいので、分からないところは積極的に先生に質問をして、そのままにしないようにしましょう。

高輪 学習ポイント

まずはまんべんなく基礎固めを

高輪の赤点基準は50点未満です。また数学では、赤点でなくても平均点を下回った場合に、補習を受けることがあります。

赤点をとったり、平均点を下回ったりしないためには、分からない問題をそのままにせず、授業をその都度、理解していくことが大切です。

復習は基礎固め優先

復習は、基礎固めを優先にし、授業でやった例題を何度も解き直します。基礎が抜けている単元がある場合は、応用問題に取り組むより、まんべんなく基礎的な問題を解けるようにすることが重要です。
次に、間違えやすい問題、苦手な問題、応用問題を解きます。また、一度解いた問題は、時間を置いて解き直すようにしましょう。

高輪 大学進学

学力別のクラス編成

高1から学力別のクラス編成になります。クラスによって授業内容に差があるため、上位校を目指している場合は、上位の成績を保っておく必要があります。
中学の時から、基礎固めをきちんと行い、予習・復習をする勉強習慣を身につけておきましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 高輪のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 高輪で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

高輪のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、高輪のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、高輪で成績を上げるには、「高輪に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの高輪のお子さんを指導してきました。ですので、高輪の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

高輪に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ