東京都市大学付属中学校・高等学校
数学の定期テスト対策・補習

このページでは、東京都市大付属の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、東京都市大付属の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

東京都市大学付属中学校・高校・数学 使用教材・問題集

オリジナル教科書と副教材で『体系数学』も使用

taikei

東京都市大学付属中学校・高校では通常テキストとは別にオリジナルテキストを使用します。これは進度の速い授業でも、無理なく効率的に学べるよう、学校独自に編集された教科書です。また副教材として『体系数学』も使用しています。

『体系数学』は、かなり量の多い教科書です。中2で中学3年間の範囲を収容しています。

学校によって、授業形態が異なりますが、進度がかなり速く、予習をしないと授業についていけない方も多いです。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

東京都市大学付属中学校・高校・数学 特徴

先取り学習で面白さを学ぶ

中学1年生から高校1年生では週6時間の授業が実施されます。内容は中学2年までに中学の内容、高校2年までに高校の内容を学習します。進度が速くなっていますが、独自の教材を活用し、数学の面白さを学んでいきます。

東京都市大学付属中学校・高校・数学 クラス

数学基準の習熟度別クラス

中学3年、高校1年の中期と呼ばれる時期において、習熟度に合わせたクラス編成があります。その基準に前年度の数学の成績が使われます。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 東京都市大付属のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 東京都市大付属で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

東京都市大付属のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、東京都市大付属のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、東京都市大付属で成績を上げるには、「東京都市大付属に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの東京都市大付属のお子さんを指導してきました。ですので、東京都市大付属の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

東京都市大付属に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ださい。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ