藤嶺学園藤沢中学校・高校

学校写真

藤嶺学園藤沢中学校・高校のご家庭の方へ

このページでは、藤嶺学園藤沢中学校・高校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
藤嶺学園藤沢中学校・高校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

藤嶺学園藤沢中学校・高校について

将来を見据えたカリキュラム

藤嶺学園藤沢では、入学時に自分の将来の夢を書き、6年後の目標を定めます。
6年間を通して、大学授業対策としての教科指導に力を入れています。

2-2-2制

藤嶺学園藤沢では、6年間を3つのステージに分けたカリキュラムが組まれています。
通常授業に加えて、補習授業や勉強合宿を実施します。

藤嶺学園藤沢高校

カリキュラム

高3から、文理別々のクラスに

授業は、少人数制で、理数中心のカリキュラムになっています。
高1・2年で、高校での学習の基礎を作りながら、進路についてじっくり考えます。高3から、文系・理系に分かれて学習します。

英語

3つの種類で、多方面の英語習得を目指す

高1・2は、英語1・2で読解力を、英語特講Ⅰにおいて英文法力を鍛えます。
高3では、演習中心の授業で、大学受験を見据えた学習を指導します。
また、オーラルコミュニケーションは、ネイティブスピーカーによる授業で、聞く力、話す力を育成させています。

数学

演習は高3の2学期後半から

高3の2学期中間までには、教科書を終わらせ、そのあと、3次関数や数列・微分等の頻出分野を中心とした入試問題に取り組みます。
他の進学校にくらべ、授業の進みが速くない分、演習に取り掛かる時期が遅くなっています。
面倒見のいい学校ですが、志望校の難易度によっては、自分で学習を進めることが大切です。

ページトップへ