横浜富士見丘学園 中等教育学校

学校写真

横浜富士見丘学園 中等教育学校のご家庭の方へ

このページでは、横浜富士見丘学園 中等教育学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
横浜富士見丘学園 中等教育学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

横浜富士見丘学園 中等教育学校について

中高一貫カリキュラム

横浜富士見丘学園は、6ヵ年を2年ごとの3ステージに分割した、中高一貫カリキュラムです。
高1~3を4~6年生と呼びます。

クラス編成は、中2から習熟度別に

クラスは、中1で「レギュラークラス」の4クラス、中2~高1まで「アドバンスト・レッスンクラス」1クラスと、「進学クラス」3クラスに分かれます。高2からの二年間は、「国公立」の文系・理系クラス、「私立」の文系理系クラスに分かれます。

横浜富士見丘学園中等教育学校

授業

高1で入試範囲をやりきる先取り授業

古典や英語では、高校範囲の文法事項を中3から先取りし、高1終了時で大学受験に必要な基本の文法事項をすべて終了します。
数学は、中3で数Ⅰ・Aの内容を先取りします。理系進学希望者は、数学Ⅲ・Cを高3の前期中間考査までには終了します。

横浜富士見丘学園高校

英語

上位クラスは、切磋琢磨させる方針

高2・3で、習熟度別授業を実施しています。
上位クラスは人数を多めにして、基礎学力の徹底を図るクラスは少人数できめ細かな指導を行っています。

講習・補習

英語、数学を中心に、授業理解度の遅い生徒には補習を、授業理解度の速い生徒には講習を月・水・金の放課後に実施しています。さらに長期休暇には、前期課程では英語・数学・国語の講習・補習を、後期課程では難関大学合格を目指した各科目の講習を実施しています。
また、6年次の大学入試直前に、センター試験対策・2次試験対策講習も実施しています。

夏期集中セミナー

5・6年次は夏休みに5泊6日の夏期集中セミナーを実施します。朝9時から夕方5時頃まで、食事と休憩以外は勉強。夕食後も消灯まで勉強が続くハードなスケジュールです。

ページトップへ