埼玉大学教育学部附属中学校

学校写真

埼玉大学教育学部附属中学校のご家庭の方へ

このページでは、埼玉大学教育学部附属中学校のカリキュラム・教材の特徴、授業のポイント、定期テスト対策、進級・内部進学対策などを紹介しています。
埼玉大学教育学部附属中学校でお子さんの学習状況にお困りの方は、ぜひご参考にしていただければと思います。

※なお、傾向と対策ポイントは、学年、担当の先生、年度によって差があります。
現在のお子さんの状況と多少ずれることがありますが、ご了承ください。

埼玉大学教育学部附属中学校について

さまざまな授業指導

埼玉大附は、「正しい判断力とたくましい実践力をもった自主的人間の形成」を教育目標に掲げています。
授業以外にも、特別活動やボランティア活動など、道徳的人間の育成に力を入れています。

クラス編成

各学年4クラスで編成され、附属小学校からの生徒と、中学から入ってきた子は同じクラスです。

附中トライアル

総合的な学習の時間は、『附中トライアル』といわれており、週2時間、時間が割かれています。
また、1日6時間すべてを総合的な学習の時間に充てる『トライアル・デー』が行われています。
また、中2では、林間学校に向けた探究学習「志賀トライアル」があります。

埼玉大学教育学部附属中学校

数学

数学史や身近な現象に注目したカリキュラム

年二回、「数検」が実施されます。
埼玉大附の数学は、身近な生活の中の数学を重視しています。普段から、好奇心を持ち、数学に興味を持つことが大切です。
また、数学では珍しく、「数学史」も学びます。

英語

英語を実際に使う場面を設定することを重視

LL他教育機器を活用した授業を行っています。また、全クラスで毎週1時間、ティーム・ティーチングを行っています。
多読・多聴活動やまとまった文章を書く練習、各種表現活動を定期的に取り入れた総合的な英語力の育成を重視した学習です。

ページトップへ