新渡戸文化小学校

学校写真

新渡戸文化小学校のご家庭の方へ

このページでは、新渡戸文化小学校のカリキュラムと学習ポイント・教材などの特徴を解説いたします。

授業・宿題・テスト・進級・内部進学でお困りの方は、ぜひお子さんの勉強の参考にしていただければと思います。

  • ページを読む時間がない、もう少し検討したい方は…

定期テスト・進級・内部進学の対策ポイント

カリキュラム

新渡戸小は、平成16年度より、2学期制を取り入れています。

授業は、1コマ45分です。教科や学習内容によっては、2コマをまとめた90分授業や、クラスを半分に分ける少人数授業も行います。

新渡戸小の少人数授業はクラスを半分の人数で2グループ展開させます。低学年では20分程度の集中した授業を1コマの中でグループが交代する2教科授業を、小3からは45分の少人数集中授業を2教科隔週で行っています。

学習のポイント

新渡戸小では、「文化特別講座」という、5・6年の学年の枠を取り払った授業があります。
特別講座の算数と国語に分かれています。
算数では、少人数・複数選択のクラスに分かれて60分、ふだんの授業とは違ったいろいろな練習・発展問題を解いたり、じっくり計算練習をしたりします。1クラスは25名程度です。
国語では、長文の演習、簡単な文書の読解練習、言語事項の基礎練習など複数のクラスに分かれて行います。

内部進学

新渡戸小と併設する新渡戸文化中学校は女子中学校です。そのため、男子は全員外部受験しなくてはいけません。
女子は、内部推薦入学制度により、希望者は併設の新渡戸文化中学校へ進学することができます。

ページトップへ