内部進学サポートくらぶ

集中力を上げて、点数を伸ばす! 3つのコツ

さて、すでに定期テストが始まっている、来週からテスト週刊だ、
という方も多くいらっしゃると思います。
そこで、今回はテスト直前にできる実践したい集中力アップ法をご紹介します。

暗記科目の試験があり、追い込んでいるお子さんや、
難しい計算問題などで集中力が必要なテストが控えている方は、
是非続きをお読みください。

小学生のお子さんは定期テストがありませんが、
学校でちょっとしたテストがある時や、
毎日の勉強に役立ちますので、是非お読みください。

―集中力を上げて、点数を伸ばす! 3つのコツ―

  • 1.頭の中を整理する
  • 2.▼▼▼▼が覚えるのを助ける?!
  • 3.きちんと●●をとる

1.頭の中を整理する

暗記科目は、どうしても一夜漬けになってしまう、
という方が多くいらっしゃると思います。

本当は、計画的に、少しずつ覚えないと長期記憶にはならず、
身にはならないのですが、
すでに中間テストがかなり迫ってきているので、
今回はとにかく前日でも多く覚えるための方法をお伝えします。

まず、とにかく覚える、というよりも先にきちんと整理をしましょう。

たとえば、新しい洋服をタンスに入れる時のことを想像しましょう。
この時、タンスにものが散乱したまま新しい洋服を入れようと思うと、
現在ある隙間にしか新しく物は入りません。
さらに、新しい洋服も一緒に散乱し、
次にその洋服を着たい、と考えた時に、すぐに洋服が取り出せない可能性も
あります。

ですが、先にタンスをいったん整理するとどうでしょう。
服が散乱しているせいでわずかだった隙間も、
きちんと整理して分けば、新しく入れられる隙間は
増えます。

さらに、次に着たいときもすぐに取り出すことができます。

このように、頭の中が整理されていると、新しく入れる容量も増え、
さらに知識を取り出しやすくなります。

では、そのためには何をすればいいのでしょうか。
人それぞれベストなやり方は異なると思いますが、今回お勧めするのは、
「とにかく書く!」という方法です。

さらに、今日やることを書きだすことで、一日の勉強の優先順位が付けられ、
時間を効率的に使うこともできるという、まさに一石二鳥です。

2.落書きが覚えるのを助ける?!

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
人の集中力がもつのは90分間が限度です。
そのため、しっかりと休み時間を区切り、集中しなくてはいけません。

しかし、ゲームをしたり、雑誌を読むと、どうしても長い時間
休んでしまい、勉強時間が削られていってしまいます。

そこで、落書きをする、というのはいかがでしょう。

落書きは、短時間で済むうえに、なかなかの充実感を与えてくれます。

さらに、いたずら書きにはもう一つ大切な要素があります。
それは、「いたずら書きをした箇所は、内容をよく覚えている」
ということです。

これは、たとえば、お子さんが「ペリー」について習ったとき、
ノートに資料集に乗っているペリーの肖像画をもとに、
船に乗っている外人、1853年、Uragaという文字をイラストにして書いていると、
「1853年、ペリーという人が人が浦賀に来航した」
というインプットがお子さんの中に自然とできているということです。

このように、さらに勉強内容に関連した落書きであれば、
内容も暗記することができ、
いい気分転換になるので、こちらも一石二鳥ということですね。

3.きちんと睡眠をとる

最後に、記憶の定着のお話をしましょう。

「前日に暗記科目を一夜漬けで覚える」

とはいえ、夜更かしはいけません。
なぜなら、記憶は寝ている間に作られるからです。
人の脳は、寝ている間に、その日の出来事を整理するように作られています。

そのため、睡眠はかなり大切です。
さらに、睡眠は量より質です。どんなに長い時間でも、質のいい睡眠でないと、
疲れは取れず、次の日の集中力にもつながりません。

では、質のいい睡眠をとるためには、どうすればいいのでしょう。
それは、
「睡眠に関係のないものを寝床に持ち込まない」
です。スマホやタブレットなどは、寝る前には使用しないようにしましょう。
電子機器ではなくても同じです。

たとえば寝る前に読書をすると、なかなか寝付けないくなってしまい、
寝床に入ったのに寝れないという状況になってしまいます。

このようになってしまうと、なかなか寝付けず、時間だけが過ぎて行ってしまうため、
以下の方法をお勧めします。

①眠くなったら横になる
②適度な運動で体を疲れさせておく

すると、寝床に入ってからそんなに時間がたたずに
眠ることができ、記憶が定着されやすくなりますし、
次の日も脳がすっきりと目覚めた状態でテストに臨むことができます。

今回ご紹介したのは、集中力を上げる3つの方法は、以下の通りです。

―集中力を上げて、点数を伸ばす! 3つのコツ―

  • 1.頭の中を整理する
  • 2.落書きが覚えるのを助ける?!
  • 3.きちんと睡眠をとる

しかし、今回ご紹介したのは、
「集中さえできれば乗り越えられる」テストの場合です。

これがしっかりと内容を理解していなければ解けないような教科なら、
直前対策だけでは間に合いません。

そこで、そのような、しっかり理解しなければ点数が取れないような指導は、
私立専門・家庭教師に任せてみるという選択肢も、お考えください。

中間テスト、頑張って乗り越えましょう。
応援しています。

私立専門・家庭教師
一橋セイシン会

学校別傾向と対策

私立校の傾向と対策
お電話でのお問い合わせはこちら
私立校の傾向と対策
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ!