ニュートレジャーの対策でお困りの方へ やり方次第でニュートレジャーは攻略できます

ニュートレジャーを使っているお子さんに多い状況とは?

『NEW TREASURE ENGLISH SERIES』(以下、『ニュートレジャー』)は、中高一貫校用の難度の高い英語教科書です。
実践的な英語力を養うのはもちろん、大学入試に対応できる英語力にも焦点を当てて、編纂されています。

英文の絶対量、単語数は検定教科書よりも多く(中3までで約3000語。公立で採用されている中学検定教科書は約900語、新指導要領で1200語。)、文法解説も非常に詳しく掲載されている教科書です。
この教科書を100%理解できれば、最難関大学に合格できる英語力を養えます。

ですが、実際には、この『ニュートレジャー』を100%理解して使いこなせているお子さんは、ほとんどいません。 難易度が非常に高いため、以下のような状況に陥っているケースが多いです。

ニュートレジャーを使っているお子さんに多い状況

当会へも、『ニュートレジャー』の対策で苦労されているご家庭からのお問い合わせが多くあります。

『ニュートレジャー』は使いこなせれば大学受験に対応できるだけでなく、実際に使える英語が身につけられる教科書です。
しかし、逆にいうと、中学生が自分で勉強を進めるには、とても難しい内容といえます。その英文量の多さと難しさ で、消化不良になってしまうケースがとても多く、英語に対して苦手意識を持ってしまうことも少なくありません。

せっかく良い教科書なのに、使いこなせないとお子さんの英語力にマイナスの影響を及ぼしてしまいます。
これは非常にもったいないことですね。

ですので、今から、『ニュートレジャー』を使いこなして、「学校の授業が分かるようになる」「定期テストで点数が取れるようになる」ための対策をお伝えしようと思います。

ニュートレジャー対策でありがちな落とし穴

『ニュートレジャー』対策でお困りの方は、まず最初に、和訳や解説をお探しになられたのではないでしょうか?

「和訳が載っている準拠のガイド教材はないか?」
「ニュートレジャーを解説してくれる塾はないか?」

『ニュートレジャー』は、膨大な単語数・文章量ですので、『ニュートレジャー』の学習といえば、単語の意味調べに追われているお子さんは多いです。これでは、和訳や解説を探されるのも無理のないことかと思います。

ですが、残念ながら、『ニュートレジャー』には、教科書ガイドのような準拠のガイド教材はありません。また、『ニュートレジャー』は私立中高専用の教材で、一般の書店はもちろん、塾・予備校でも入手不可能です。そのため、十分な対策ができるところはほとんどないのです。

さらに、もう1つ注意して頂きたいことがあります。
単語の意味調べに追われている方は、特に注意してください。

実は、『ニュートレジャー』は、「単語の意味を調べれば、全部理解できる」というほど、簡単に攻略できるものではないのです。

どういうことかお話ししましょう。
単語の意味を調べるばかりの学習だと、次のようなケースに陥ってしまいがちです。

「単語の意味調べ」学習の落とし穴

1つでも当てはまることはないでしょうか?
実は、『ニュートレジャー』を使っているお子さんに多い傾向として、文法・構文の演習が十分にできていないケースがあります。

単語の意味が全部わかっても、文法・構文の演習量が少ないと、自力で訳す力が身につきません。自力で訳す力がないと、文全体の大意を把握できないため、読解問題が解けなくなってしまいます。

仮に、授業で解説された和訳をテスト直前に丸暗記したとしても、テストで応用問題が出た場合、とたんに解けなくなってしまいます。

「成績を上げたい」「無事に進級・進学させたい」「希望の大学に行きたい」という方は、自力で読解できる力をつけることは必須です。

ただ、自力で読解できる力をつけるといっても、これ以上お子さんの負担を増やさずに対策する方法はあるのか、正直、ご不安があるかと思います。

ニュートレジャー対策の突破口とは?

実は、『ニュートレジャー』対策には突破口があります。

その突破口とは、「文法・構文優先の学習」です。

『ニュートレジャー』の学習では、「単語の意味調べ」や「和訳」に時間を取られているお子さんは多いと思います。
ですが、英語を読解できるようになる一番の近道は、「単語の意味調べ」や「和訳」よりも、「文法・構文の学習」です。

文法・構文をマスターすると、文の構造が分かるようになるため、文の意味を理解しやすくなります。単語を覚えるにも、文章の流れの中で覚えられるようになるので、1つ1つバラバラに単語を覚えるよりも、頭に定着しやすいのです。

ある程度の単語が覚えられているのではあれば、その他の単語の意味は後からでもすぐに覚えられます。それよりも先に、文の構造を分かるようになることが急務です。

早い段階で文法・構文の基礎を固めておかないと、のちのち、複雑で長い英文を訳すことができなくなってしまいますので、注意が必要です。

ニュートレジャー対策 日々の学習ポイント

それでは、文法力・構文力をつけるために、具体的に毎日何をすれば良いのか、「予習」「授業」「復習」の3つに分けてお伝えします。

予習のポイント

予習は、学校の授業がいつも「予習の確認」となるようにするのがポイントです。

そのために、予習ではレッスン内容をなるべく理解することを心がけましょう。できれば、詳しい人に解説してもらえるのがベストですが、お子さん一人でする場合には、「文法 → 単語 → 本文の和訳」の順で押さえることを意識してください。

それでは、「文法」「単語」「本文の和訳」について、それぞれ予習の仕方をお伝えしましょう。

(1)文法の予習

まず、文法の予習についてです。
文法事項の解説は、『ニュートレジャー』の「学習のポイント」に詳しく書かれています。必ずそのページを熟読しましょう。

また、市販の参考書を使って理解を深めるのも効果的です。
『ニュートレジャー』は、公立の教科書とは異なり、学年・学期を先取り学習する単元構成となっていますが、特殊な学習内容や単元が入っているわけではありません。ですので、市販の参考書でも役立てることができます。

ただ、予習の段階で完璧に理解するのは難しいと思いますので、どうしても分からなかったところは、授業で聞けるようにチェックを入れておきましょう。

(2)単語の予習

次に単語の予習についてです。 学校の授業内で意味を教えてくれる場合には、無理してすべての単語の意味を調べる必要はありません。最低限、意味の分かる単語・分からない単語の区別だけはつけておきましょう。
(単語帳を作る際には、教科書の後ろに単語・熟語の意味がすべて掲載されているので、それを参考にすると良いでしょう。)

(3)本文の和訳の予習

最後に、本文の和訳の予習についてです。
これも完璧にこなす必要はありません。さっと本文に目を通し、大体の意味をつかみます。とは言え、訳せない文はたくさんあるはずです。訳せなかった英文・文の構造がつかめなかった英文にはマーカーで線を引くなどしてチェックを入れておきます。このチェックした箇所を授業で確認できるようにすると、かなり効果的に学習を進めることができます。

授業のポイント

授業は、まず、授業の事前準備をしておくことが大切です。
事前に、教科書本文をノートに書き写すか、教科書をコピーしたものをノートに貼っておくようにしましょう。
授業では、このノートに先生の板書、先生が話した重要ポイント、教科書の全訳、単語の意味、すべて書き込みます。

教科書ガイドや準拠の参考書などは市販されていませんので、お子さん自身が「教科書ガイド兼参考書」を作成するイメージで取り組みましょう。

復習のポイント

復習は、「文法」と「リスニング」を特にしっかり行いましょう。
『ニュートレジャー』には、「文法問題集」「ワークブック」「音声CD」のみ、準拠のものがあります。復習には、これらを活用することをお勧めします(これらの教材は、市販はされておらず、学校でのみ購入できます)。
それでは、「文法」「リスニング」の復習の仕方についてそれぞれお伝えします。

(1)文法の復習

文法の復習には、「文法問題集」と「ワークブック」を活用しましょう。

文法問題集は、文法事項の確認・定着に活用できます。
BASIC[知識定着のための基本問題]→STANDARD[整序作文・イラスト問題などを含む標準難度の問題]→HIGH-LEVEL[読解問題を含む思考力・応用力を必要とする問題]の3段階の難易度で構成されています。
各章で学ぶ文法事項について、詳しい解説もあるので、じっくり読み込みましょう。

ワークブックは、文法事項、単語・語句をすべて『ニュートレジャー』の進度に合わせた問題集です。各レッスンの構成が教科書に沿っているので、授業の区切りや各レッスン終了時に、復習に活用できます。一つの単元が終わるごとに、学校から指示が出されなくても、自主的に進めるようにしましょう。

また、ワークブックでは、語彙・表現・文法の問題、本文の内容把握問題、音声CDを用いて解く発音・アクセント問題、短文のディクテーション(書き取り)など、さまざまな問題に取り組むことができます。
さらに、応用問題も収録されています。ここをマスターしておけば、定期テスト・校外の実力テストにも十分に対応できるようになります。間違えたところは、分かるようになるまで何度も取り組みましょう。

(2)リスニングの復習

リスニングの復習では、「音声CD」と「ワークブック」を活用しましょう。

授業で習った単元の音声CDは繰り返し聞き、まねして、全部暗唱できるくらいにしましょう。発音は正しく覚えることが重要です。自己流で、まちがった発音を覚えないように気をつけましょう。発音は、発音記号を読んで、覚えるのが一番です。アクセントも合わせて覚えましょう。「ワークブック」の発音・アクセント問題を解いて、正しく覚えられているか確認すると良いです。

また、リスニング力をつける有効な方法としては、ディクテーション(書き取り)もあります。
ディクテーションも、「ワークブック」のディクテーション問題を活用しましょう。
以下は、効果的なディクテーションの仕方です。

効果的なディクテーションの仕方

この繰り返しでディクテーションを進めてみてください。ただCDを聴いているだけよりも、確実にリスニングの得点力が上がります。また、スペルは正しく書けるようになるまで、何度もやり直すようにしてください。

ニュートレジャーを使った学習では、単語の意味や本文の和訳を丸覚えするばかりの勉強ではなく、文法力やリスニング力をつけて、自力で英語を読解し、聞きとれるようになる訓練をすることが重要です。

以上が『ニュートレジャー』の基本的な対策となります。
定期テストの点数を上げるためには、まずは、ご紹介した対策をしっかり実行していきましょう。

喜びの声

当会の『ニュートレジャー』で成果を出された方が多くいらっしゃいます。
こちらでは、その方々の声を、ほんの一部ですがご紹介させていただきます。

「部活しながらの点数アップを実現!」 「学年順位が下位→上位2割に!」

「部活しながらの点数アップを実現!」
「学年順位が下位→上位2割に!」

共立女子中学校 長野有理さん(仮名)

    指導内容を見る
ニュートレジャー対策でお困りの方へまずは資料をご請求下さい

『ニュートレジャー』の対策と言っても、お子さんの学習状況、学校のカリキュラムによって、細かく変わります。
ここでご紹介したのは、あくまで教科書の内容に則った対策です。より成果を上げたい場合には、学校のカリキュラムや、先生の教え方などによって対策を変えることをお勧めします。
私たちの会では、以下のようなことができます。

私立専門家庭教師ができること

  • ● 学校の進度に合わせて、『ニュートレジャー』の対策をします
  • ● 『ニュートレジャー』のテストに出やすいところを教えます
  • ● 『ニュートレジャー』の効果的な使用方法を身に着けさせます
  • ● 必要であれば、さかのぼって『ニュートレジャー』を教えます
  • ● 学校の英語の成績を上げます

『ニュートレジャー』の対策でお困りの方は、まずは、私たちの会の詳しい資料をご請求ください。資料をご請求いただいた方全員に、『NEW TREASURE』対策の冊子をお送りいたします。また、学習相談やお電話でのお問い合わせも受け付けております。

学校別傾向と対策

私立校の傾向と対策
お電話でのお問い合わせはこちら
私立校の傾向と対策
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ