私立小学生・内部進学対策

こちらのページでは、私立小学校にお通いの小学生の内部進学対策について、お話しています。
私立小での、内部進学でよくあるお悩みは大きく2つです。

1 中学への進学基準が厳しく、
進学できるか不安
2 中学進学後、
学習が周り(外部生)についていけるか不安

では、この2つのパターンを、1つずつ説明していきます。

まずは、①中学への進学基準が厳しく、進学できるか不安な方に向けてお話しします。(②中学進学後、学習が周り(外部生)についていけるか不安な方は、①を飛ばして先をお読みください。)

1中学への内部進学基準が厳しい場合

内部進学の基準が高い小学校の例

私立小学校の中には、内部進学が厳しくハードルが高いという学校があります。

例えば、暁星小の場合、内部進学できるかどうかを判断するための「適性試験」が実施されます。そして、この試験に合格しなければ、進学できない可能性があるのです。

また、内部対策基準の一つとして、定期テストの点数も含まれます。
この定期テストの合格点は、8割以上となっており、しっかり対策しなければなりません。

このように、暁星小は内部進学基準がとても厳しくなっています。そして、この基準に満たなければ、外部に出るしかありません。

他にも、白百合や慶應幼稚舎など、内部進学の基準が厳しい学校にお通いの方は、同じ状況に陥りがちです。せっかくエスカレーター式の私立小に入っているわけですから、それだけは何としても避けたいですよね。

しかし、ご家庭で不安や心配があっても、どのように対策をすれば良いか、なかなか分からない方が多いようです。

基準をクリアできる対策が必要

内部進学基準が高い私立小にお通いの場合、その基準をクリアできるように対応することが必要です。

そして、その対策には3つのパターンがあります。

「内部試験を決める試験」の対策

小学校ごとに、試験内容は当然異なるので、それに合わせた対策が必要です。

例えば、白百合学園小の内部進学テストは、「1月8日テスト」というテストを受けなくてはいけません。難易度は普段のテストより上がりますが、範囲は、11月にある3回目テストを越えません。

数学であれば、普段使っている私学問題集の発展問題をこなすことが必要です。

また、先ほども触れた暁星の内部進学テストは、11月末に行われる「進学適性試験」です。
暁星では、定期テストが年間を通じてあり、この「進学適性試験」は、3回目の定期テストが終了して10日後にあたります。
ですので、早めの対策が必要です。

一発勝負で絶対に落とせない試験となります。

私たち一橋セイシン会は、首都圏の各私立小学校の内部進学を決める試験の効果的な対策ができます。

そして、毎年、内部進学が危ういかも、というお子さんを無事に進学させています。

普段のテストで点数を上げるための対策

普段のテストで点数を上げるには、学校ごとの情報やカリキュラムを踏まえた対策する、これに尽きます。

例えば、桐蔭小の算数のテストでは、計算メインのテストと図形がメインのテストの2種類があり、各50点満点です。さらに、桐蔭で教えられた通りの解法で問題を解かないと、丸がもらえません。

また、暁星小では、算国理社の4科目でテストが出題されます。記述形式の問題が多く、難度が高いテストです。例えば、暁星の算数のテストは、暁星独自の問題集を使った問題が出題され、答えだけでなく、解き方や考え方まで問われます。

このように、小学校ごとに、テストの内容や対策は違います。普段のテスト、定期テストは範囲が決まっているので、教科書、ワーク、プリント、どこから何点分、出るか等を把握した上で、一橋セイシン会は効果的なテスト対策を行うことが出来ます。

私たち一橋セイシン会であれば、今までに多くの私立小にお通いのお子さんに教えたノウハウがあるので、個別に対応することが出来ます。

学習態度や提出物などの対策

内部進学対策では、テストだけでなく、平常点(学習態度や提出物など)も取ることも忘れてはいけません。
小学校ごとに、どの位重視させるかは、別ですが大切なことには変わりありません。

ただ、お子さんが自主的に、学習態度を改善し、提出物の期限を徹底して守るということは、なかなか出来ません。

そのためにはご家庭の方が、お子さんの習慣をつけられるように、学習の様子を見てあげることが大切です。

私たち一橋セイシン会なら、こうした平常点の対策もお子さんに合わせて指導することが出来ます。

このページをご覧の方で、

「内部進学が危ない」
「成績会議にかけられている」
「そもそも、内部進学対策のやり方が分からない」

という方は、ぜひ一度、当会にお声かけください。
もし、ご興味のある方は、資料をお問い合わせください。
またお急ぎの方、各学校の詳しい情報を知りたい方は、直接お電話ください。

2中学進学後、授業についていけるか不安な場合

2つ目は、「中学へ進学してから、うちの子が授業についていけるか心配」というパターンです。

これは特に外部生、中学受験組のレベルの高い学校に多いご相談です。
小学校から中学校に、エスカレーターで上がることは出来ても、中学入学後、

「授業についていけない」
「定期テストで良い点数が取れない」
「校内順位が上がらない」

など、学習面で苦労するケースが多く、そのことを保護者の方もご存知なので、心配されるケースです。

神奈川の桐蔭を例にあげてみましょう。

中学生の数学の教科書は『体系数学』を使用しています。この教科書は、進度が速い進学校で使用されることが多いです。
ですので、最初の数学の授業からつまずく方が多いです。

また、桐蔭の英語の定期テストは、記述式で書かせる問題が多いです。
ですので、ただ英単語だけを暗記していると、良い点数が取れません。

桐蔭だけでなく、他の学校もまたそれぞれ特色があります。
ただ私立中学の多くが、難度が高く、進度が速い授業を行っています。

ですので、中学進学後、お通いの学校の難度についていけず、落ちこぼれてしまうお子さんも多くいらっしゃいます。

内部進学のお子さんは、外部生に差をつけられてしまうことも

こうした授業は、外部から中学受験で入学してくるお子さん(進学塾に通い、ハードな中学受験のカリキュラムをこなしてきており、学習習慣も身に着いている)を想定してつくられています。

そのため、中1最初の定期テストから、学力で差をつけられてしまうことが多々あります。

このように最初で差をつけられてしまうと、意欲が落ちてしまうお子さんが多いです。
「どうせ外部生は出来るから」と自信をなくしてしまうと、学習意欲を取り戻すために時間がかかってしまいます。

そうならないためにも、今のうちにスタートラインの差を出来るだけ縮めておくこと、これに尽きます。
ですので、今、対策をしておくことが必要なのです。

小学生のうちに、出来るだけ学力を高めておくことが大切

中学に上がってから苦労しないために必要なことは、小学校のうちに中学受験組(外部生)に負けない学力をつけておくことです。

先ほどお話した通り、中学入学後はd内容がさらに難しくなります。
それに加え、新しい生活に慣れるまで時間がかかってしまいます。
また、もちろん外部生も入学してから勉強を頑張ります。
ですので、中学に入学してからだと、外部生との差を縮められなくなってしまうのです。

現在、

「学習習慣が身に着いていない」
「苦手な単元がどうしても解けない」
「今、受けている授業で分からない所がある」

以上のような状況が続いているようであれば、今のうちに対策することが必要です。

もし、「今の状況では、勉強を教える余裕もない」「どこを教えれば良いのか分からない」という方は、『私立専門 家庭教師』にお任せください。

私たち一橋セイシン会なら、今までの指導実績から、お通いの中学の授業の内容を把握しています。その上で、お子さんがどこでつまずくか、今のうちになくしておかなければいけないポイントを把握しています。
そして4月までに何が必要で、どのように勉強すれば良いかを教えます。

「私立専門 家庭教師」だからこそできる内部進学対策

当会では、今までお話してきた通り、

①中学への進学基準が厳しく、進学できるか不安
②中学進学後の学力についてご不安な方

の両方に対して、私立専門の講師による対策が出来ます。

以下は「私立専門 家庭教師」が出来ることです。

  • 内部進学テストの対策をします
  • 苦手科目の復習・対策をします
  • 小学生の総まとめを行います
  • 必要であれば、学習習慣から身に着けさせます
  • 中学生最初のテストでよい点数を取らせます
  • 日々の勉強のやり方を教えます
  • 進級先の学校で必要な情報を先取りで教えます

この他にも、お子さんに合わせた内部進学のための指導を行っています。

学校の学校ごとの傾向を知りたい方はこちら

東京23区 東京都下 神奈川県 千葉県 茨城県 埼玉県

内部進学・進級でお困りの私立のご家庭へ
まずは資料をご請求ください!

ご興味のある方でも、すぐに家庭教師を頼むというのは、不安だと思うので、まずは、資料請求からお問い合わせください。
また、お急ぎの方、学校ごとに対策をご希望の方はお電話でも受け付けております。私立専門の教務が個別に対応致します。

学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

お電話でのお問い合わせはこちら
学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

  • 東京23区
  • 東京都下
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ