「一橋セイシン会」は「メガスタ」に名称変更しました。

私立専門オンライン家庭教師のメガスタ
無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

化学-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 化学の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/60分

大問数

12題以上

難易度

やや易~標準

やや易~標準

出題形式

全問選択式(空欄補充が中心。まれに計算問題や一問一答の問題)

傾向と対策

基礎学力到達度テストの化学には、以下のような特徴があります。

〈基礎学力到達度テストの化学の特徴〉

【ポイント①】 「問題数が非常に多い」
【ポイント②】 「出題範囲からまんべんなく出題される」
【ポイント③】 「教科書レベルの問題が多い」
【ポイント④】 「解答がすべて選択式」

こういった特徴に合わせた独自の対策が非常に効果的です。ここでは、基礎学力到達度テストの化学で高得点を取るための方法をお伝えします。

【ポイント①】「効率的に暗記する」
【ポイント①】「効率的に暗記する」

基礎学力到達度テストの化学は、問題数が非常に多くなっています。

時間内に終わらせるためには、スピーディーに解答しなければなりません。そのため、暗記を徹底し、思い出すのに時間を取られないようにすることが必要です。

特に、暗記が重要な分野は、「無機」です。
この「無機」を重点的に勉強する必要はありますが、ただ暗記しようとするのは良くありません。ポイントを押さえて、効率的に覚えましょう。
そこで、ポイントを1つお伝えします。

「無機」分野では、物質の名前や性質、組成式、構造式、さらには反応式など、覚えることがたくさんあります。これらを1つ1つ、別々に覚えようとすると、非常に労力が必要になります。
そこで、まずは「理論」分野の電子殻の原理、法則を先に勉強します。そうすると、その原理・法則から、さまざまな元素の性質が特定できます。
結果的に、「無機」分野のさまざまな元素の性質がわかるようになるのです。

このように、化学は、ポイントを押さえれば、効率的に暗記することができます。

基礎学力到達度テストの化学は、問題数が非常に多くなっています。

時間内に終わらせるためには、スピーディーに解答しなければなりません。そのため、暗記を徹底し、思い出すのに時間を取られないようにすることが必要です。

特に、暗記が重要な分野は、「無機」です。
この「無機」を重点的に勉強する必要はありますが、ただ暗記しようとするのは良くありません。ポイントを押さえて、効率的に覚えましょう。
そこで、ポイントを1つお伝えします。

「無機」分野では、物質の名前や性質、組成式、構造式、さらには反応式など、覚えることがたくさんあります。これらを1つ1つ、別々に覚えようとすると、非常に労力が必要になります。
そこで、まずは「理論」分野の電子殻の原理、法則を先に勉強します。そうすると、その原理・法則から、さまざまな元素の性質が特定できます。
結果的に、「無機」分野のさまざまな元素の性質がわかるようになるのです。

このように、化学は、ポイントを押さえれば、効率的に暗記することができます。

【ポイント②】「苦手を克服する」
【ポイント②】「苦手を克服する」

基礎学力到達度テストの化学は、出題範囲からまんべんなく出題されます。そのため、高得点を狙うには、苦手分野をなくす勉強が非常に重要です。
苦手分野をなくすには、まず苦手分野を特定する必要があります。

そこで、まずは、分野別で問題に取り組みましょう。

化学は、「理論・無機・有機」と分野をわけた参考書・問題集が、多く出版されています。それぞれの分野で問題演習に取り組み、苦手分野を特定してください。

苦手分野が分かったら、教科書を使い、つまずいている箇所までさかのぼります。

過去に習った単元までさかのぼって勉強しなおすと、時間がかかるように思われがちです。しかし、得点できない原因を解消するので、むしろ効率的です。
苦手分野は勇気を持って基本の勉強をしましょう。

基礎学力到達度テストの化学は、出題範囲からまんべんなく出題されます。そのため、高得点を狙うには、苦手分野をなくす勉強が非常に重要です。
苦手分野をなくすには、まず苦手分野を特定する必要があります。

そこで、まずは、分野別で問題に取り組みましょう。

化学は、「理論・無機・有機」と分野をわけた参考書・問題集が、多く出版されています。それぞれの分野で問題演習に取り組み、苦手分野を特定してください。

苦手分野が分かったら、教科書を使い、つまずいている箇所までさかのぼります。

過去に習った単元までさかのぼって勉強しなおすと、時間がかかるように思われがちです。しかし、得点できない原因を解消するので、むしろ効率的です。
苦手分野は勇気を持って基本の勉強をしましょう。

【ポイント③】「難しい問題演習に時間をかけすぎない」
【ポイント③】「難しい問題演習に時間をかけすぎない」

基本が固まらないまま難問ばかりに取り組んでも、実力は身につきません。
特に、基礎学力到達度テストの化学は「教科書レベルの問題が多い」ので、難問に時間を割くよりも、基礎知識を徹底する方が、効果的です。

まずは基礎知識を優先し、問題演習は標準レベルにとどめましょう。

基本が固まらないまま難問ばかりに取り組んでも、実力は身につきません。
特に、基礎学力到達度テストの化学は「教科書レベルの問題が多い」ので、難問に時間を割くよりも、基礎知識を徹底する方が、効果的です。

まずは基礎知識を優先し、問題演習は標準レベルにとどめましょう。

【ポイント④】「さらなる高得点を目指すには」
【ポイント④】「さらなる高得点を目指すには」

選択式の問題だと、「正確に記憶していなくても正解を選ぶことができる」、と思われがちです。
しかし、化学では似た名称の物質が、数多く存在します。混合しないよう、しっかり覚えておく必要があります。
暗記するには、目で見て終わらせるだけでは、なかなか身につきません。そのため、 出題傾向とは異なりますが、記述式の問題演習にも取り組んで、実際に書いて覚えましょう。

これにより、知識と解答力の幅が広がり、基礎知識を定着させることができます。

選択式の問題だと、「正確に記憶していなくても正解を選ぶことができる」、と思われがちです。
しかし、化学では似た名称の物質が、数多く存在します。混合しないよう、しっかり覚えておく必要があります。
暗記するには、目で見て終わらせるだけでは、なかなか身につきません。そのため、 出題傾向とは異なりますが、記述式の問題演習にも取り組んで、実際に書いて覚えましょう。

これにより、知識と解答力の幅が広がり、基礎知識を定着させることができます。

【まとめ】

化学では、「暗記」も「原理や法則の理解」も、どちらも重要です。
「暗記」は、優先順位に注意しましょう。
「原理や法則の理解」は、理解さえできれば、大幅に試験の点数を上げることが可能です。

しかし、どれだけ時間がかかっても、点数が伸びない場合もあります。それは「どこから手をつければ良いか、分からない」ケースです。
この場合は、今回紹介した方法などを利用して、苦手分野をしっかりと特定してください。

また、基礎学力到達度テストには基準点があり、その基準点を上回らないと、希望学部に出願できません。
高得点勝負となり、わずかな差で、希望学部に進学できるか、できないかが決まってしまいます。

基礎学力到達度テストに適した対策をして、希望学部合格を目指しましょう。

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立高に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけのオンライン指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!