※私立専門 家庭教師の「一橋セイシン会」は2019年12月に「メガスタ」に名称変更しました。

「一橋セイシン会」は「メガスタ」に名称変更しました。

私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

地学-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 地学の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/60分

大問数

大問数4題です。

難易度

易~標準

易~標準

出題形式

空所補充、正誤判定など。

傾向と対策

基礎学力到達度テストの地学は、全体的に基本的な問題が頻出です。
まずは、授業のノートや教科書をしっかり復習して下さい。
勉強する際のポイントは、「理解→暗記→演習問題で確認」を繰り返すことです。
理系科目ですが、日本史や世界史と同じような要領で勉強すると、効果的です。

たとえば、地学では、資料集を使い込み、グラフや表、写真や説明と関連づけて理解することが重要です。『ニューステージ 地学図表 新訂』(浜島書店出版)などを活用するのがオススメです。
また、暗記の確認に使う演習問題としては、大学入試センター試験の過去問がまとまっています。

では、地学の具体的な対策を、出題分野別にご紹介しましょう。
出題範囲は、大きく分けて4つです。

<地学の出題範囲>
① 「地球の構成と活動」・・・地球楕円体や重力、プレートテクトニクス、地殻、地震、火山など。
② 「地球の構成物質と歴史」・・・マグマの性質や地層、岩石、古生物、生物の進化など。
③ 「気象」・・・天気図を読み取る問題など。
④ 「惑星・恒星・宇宙」・・・天体の特徴など。

【ポイント①】「地球の構成と活動」
【ポイント①】「地球の構成と活動」

「重力」や「傾き」など、地球楕円体の持つ性質をしっかり覚えましょう。
また、地震の仕組みを理解し、「震央距離と走時との関係を示したグラフ」を正確に読み取れるようにしましょう。
それから、「地震・火山・気象」などの自然災害について問われることもあります。大災害などは、時期や場所、原因を覚えておくことが大切です。

「重力」や「傾き」など、地球楕円体の持つ性質をしっかり覚えましょう。
また、地震の仕組みを理解し、「震央距離と走時との関係を示したグラフ」を正確に読み取れるようにしましょう。
それから、「地震・火山・気象」などの自然災害について問われることもあります。大災害などは、時期や場所、原因を覚えておくことが大切です。

【ポイント②】「地球の構成物質と歴史」
【ポイント②】「地球の構成物質と歴史」

「マグマの発生状況・性質」、「地殻を構成する岩石の種類」がよく出題されます。
図表を使って覚えておきましょう。
また、一目で振り返ることができるよう、岩石の分類(火成岩・堆積岩・変成岩)やそれぞれの特徴を、ノートにまとめておくのがオススメです。

「マグマの発生状況・性質」、「地殻を構成する岩石の種類」がよく出題されます。
図表を使って覚えておきましょう。
また、一目で振り返ることができるよう、岩石の分類(火成岩・堆積岩・変成岩)やそれぞれの特徴を、ノートにまとめておくのがオススメです。

【ポイント③】「気象」
【ポイント③】「気象」

天気図から情報を読み取って問題を解きます。
そのために、まず、天気図が示す記号などの意味を細かく覚え、状況を読み取ることが重要です。
たとえば、「高気圧、低気圧の地点の立体的な空気の動き」や、「前線がある地点で発生している雲や雨の種類」を、正確に理解して覚えましょう。

天気図から情報を読み取って問題を解きます。
そのために、まず、天気図が示す記号などの意味を細かく覚え、状況を読み取ることが重要です。
たとえば、「高気圧、低気圧の地点の立体的な空気の動き」や、「前線がある地点で発生している雲や雨の種類」を、正確に理解して覚えましょう。

【ポイント④】「惑星・恒星・宇宙」
【ポイント④】「惑星・恒星・宇宙」

この分野では、「地球型惑星と木星型惑星に分類する基準」や「惑星ごとの特徴」、「恒星の明るさ・表面温度」など、基礎的な内容をおさえることが重要です。

この分野では、「地球型惑星と木星型惑星に分類する基準」や「惑星ごとの特徴」、「恒星の明るさ・表面温度」など、基礎的な内容をおさえることが重要です。

【まとめ】

基礎学力到達度テストの地学は基本的な内容が多く、高得点勝負になります。
だからこそ、他の受検者と差をつけるには、基礎を確実にマスターしておく必要があります。
特に、日大系列の学校はレベルも様々です。たとえ学校内の順位が上位でも油断は禁物です。

・「志望の学部に進学したい」
・「絶対に日大の推薦を取りたい」

上記に当てはまる人の場合は、ますます、早めの対策が重要です。
試験は11月。入試に比べ、早い時期に行われます。
それまでに試験範囲をおさえるためには、毎日の授業内容を確実に理解し、復習や問題演習を、計画的に行わなくてはなりません。
そのために、以下の2つに注意して対策を行いましょう。

① 分からない箇所は、すぐに質問をして、理解する
② 理解した内容をノートや教科書、図表で何度も振り返り、演習問題を解く

これら、2つのポイントに注意して日々の勉強に取り組み、基礎学力到達度テストの地学を攻略しましょう!

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!