文系数学-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 文系数学の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/60分

大問数

大問が8~10題程度出題されます。

難易度

易~標準

易~標準

傾向と対策

出題範囲は、数Ⅰ・Ⅱ、数A・Bからまんべんなく出題されます。
発想力が必要な難問は出題されません。
多くは標準レベルの問題で、教科書傍用問題集レベルの問題や、入試における定番問題が出題されます。

しかし、注意すべきポイントが3つあります。

【ポイント①】「公式、定理の正しい理解と、それを適切に使いこなせる力」
【ポイント①】「公式、定理の正しい理解と、それを適切に使いこなせる力」

高校数学においては、多数の公式、定理が出てきます。
しかし、基礎学力到達度テストにおいて使う公式・定理は限られています。
テストで得点するためには、出る問題を集中的に対策していく必要があります。

基礎学力到達度テストの数学には、「パターン」があります。

基礎学力到達度テストで狙われやすいのは、確率、ベクトル、指数・対数、円と直線、微分・積分、特に「正弦・余弦定理」、「底の変換公式」、「ベクトルの内積」、「剰余の定理」、「判別式」です。

例)
「xの2次方程式x?+4ax+4a+8=0が重解を持つとき、a=-ア 、イ である。」(平成21年度、第2問)

このように、「判別式で重解や実数解の個数を判断することが必要な問題」がよく出ます。

よって、基礎学力到達度テストで高得点を取るためには、「パターンに沿った問題を数多くこなし、暗記すること」が重要です。

ただ、やみくもに問題演習をするだけではいけません。
出やすい単元だけでなく、 問題のレベルを見極め、適切な問題を練習していくことが必要なのです。

お薦めの問題集は、「チャート式 解法と演習 数学I+A・Ⅱ+B」。
いわゆる「黄チャート」です。
基礎レベルの問題が中心ですが、解法がオーソドックスな良問ぞろいです。
教科書を一通り学習した後に、黄チャートを何周か繰り返すことで、数学の基礎的な力を身につけることができます。

高校数学においては、多数の公式、定理が出てきます。
しかし、基礎学力到達度テストにおいて使う公式・定理は限られています。
テストで得点するためには、出る問題を集中的に対策していく必要があります。

基礎学力到達度テストの数学には、「パターン」があります。

基礎学力到達度テストで狙われやすいのは、確率、ベクトル、指数・対数、円と直線、微分・積分、特に「正弦・余弦定理」、「底の変換公式」、「ベクトルの内積」、「剰余の定理」、「判別式」です。

例)
「xの2次方程式x?+4ax+4a+8=0が重解を持つとき、a=-ア 、イ である。」(平成21年度、第2問)

このように、「判別式で重解や実数解の個数を判断することが必要な問題」がよく出ます。

よって、基礎学力到達度テストで高得点を取るためには、「パターンに沿った問題を数多くこなし、暗記すること」が重要です。

ただ、やみくもに問題演習をするだけではいけません。
出やすい単元だけでなく、 問題のレベルを見極め、適切な問題を練習していくことが必要なのです。

お薦めの問題集は、「チャート式 解法と演習 数学I+A・Ⅱ+B」。
いわゆる「黄チャート」です。
基礎レベルの問題が中心ですが、解法がオーソドックスな良問ぞろいです。
教科書を一通り学習した後に、黄チャートを何周か繰り返すことで、数学の基礎的な力を身につけることができます。

【ポイント②】「問題数が試験時間に比べて多い」
【ポイント②】「問題数が試験時間に比べて多い」

まったく解ききれないということではないですが、時間に余裕はありません。
試験が始まったらまず、全ての問題に目を通し、取り組む優先順位をつけましょう。
「自分の得意な問題」、「解くのに時間がかからない問題」から解いていくのです。
そのためには、問題を見たらすぐ、「使う公式」と「解答のプロセス」を判断する必要があります。
その力を養うために、以下のような方法で問題に取り組んでみましょう。

i. 問題を見て、「3分間」で解答のプロセスを考える
ii. 解答を見て、考えたプロセスが合っているかどうか確かめる

実際に書き出したり、計算をしたりする必要はありません。
「どの公式を、どの順番で使い、解答を出すか」という流れを考える訓練です

もし、3分間でプロセスが思い浮かばなかったら、解答を見るようにしてください。
出来なかった問題は、少し間をおき、同じやり方で復習してみましょう。

短い時間でも、たくさんの問題をこなせるので、短時間で大きな効果が出る、効率的な勉強法です。

まったく解ききれないということではないですが、時間に余裕はありません。
試験が始まったらまず、全ての問題に目を通し、取り組む優先順位をつけましょう。
「自分の得意な問題」、「解くのに時間がかからない問題」から解いていくのです。
そのためには、問題を見たらすぐ、「使う公式」と「解答のプロセス」を判断する必要があります。
その力を養うために、以下のような方法で問題に取り組んでみましょう。

i. 問題を見て、「3分間」で解答のプロセスを考える
ii. 解答を見て、考えたプロセスが合っているかどうか確かめる

実際に書き出したり、計算をしたりする必要はありません。
「どの公式を、どの順番で使い、解答を出すか」という流れを考える訓練です

もし、3分間でプロセスが思い浮かばなかったら、解答を見るようにしてください。
出来なかった問題は、少し間をおき、同じやり方で復習してみましょう。

短い時間でも、たくさんの問題をこなせるので、短時間で大きな効果が出る、効率的な勉強法です。

【ポイント③】「図形の問題や関数の問題で、自分で図示できるようにする」
【ポイント③】「図形の問題や関数の問題で、自分で図示できるようにする」

図やグラフがあると、解法のイメージが湧きやすくなります。
しかし 基礎学力到達度テストは図が全くありません。
問題文から情報を読み取り、グラフや図形の概略図が描ける必要があります。
日頃、問題を解くときから、概略図がすぐ描けるように練習をしておきましょう。

図やグラフがあると、解法のイメージが湧きやすくなります。
しかし 基礎学力到達度テストは図が全くありません。
問題文から情報を読み取り、グラフや図形の概略図が描ける必要があります。
日頃、問題を解くときから、概略図がすぐ描けるように練習をしておきましょう。

【まとめ】

文系の学生は数学を苦手とする傾向にあります。
基礎学力到達度テストの文系数学でも、問題の難度に比べて平均点は低めです。
つまり、 この文系数学で高得点が取れれば、周りと大きく差をつけられます。
逆に、数学で点を落とすと、他の教科でその分を補うことになります。
さらに、文系の人気学部に進学したい場合、他の文系科目では差がつきにくいため、 数学の出来が合否に直結するといっても過言ではありません。

・「数学が苦手」
・「数学以外で点数を稼ぐつもり」
・「数学は捨て教科にするつもり」

「上記に当てはまる」という人は、早めに対策を始めてください。
正しいやり方で勉強しさえすれば、数学はかならず点数を取れるようになります。
反対に、わからないままにしておくと、志望学部に手が届かなくなってしまうかもしれません。

【ポイント①】 公式、定理の正しい理解と、それを適切に使いこなせる力
【ポイント②】 問題数が試験時間に比べて多い
【ポイント③】 図形の問題や関数の問題で、自分で図示できるようにする

これら、3つのポイントに注意して日々の勉強に取り組み、基礎学力到達度テストの文系数学を攻略しましょう!

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

「日大進学を目指す、日大付属校生の方へ
本当に成績アップしたい方は一度「無料 資料請求」をしてください」
お電話でのお問い合わせはこちら
基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学生物地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属校別傾向と対策

首都圏の日本大学付属高校の傾向と対策ページです。
基礎学力到達度テストの傾向と対策と合わせてごらんください。

  • 日大第一
  • 日大第二
  • 日大豊山
  • 日大豊山女子
  • 日大第三
  • 日大日吉
  • 日大藤沢
  • 千葉日大
  • 日大習志野
学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

  • 東京23区
  • 東京都下
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ