※私立専門 家庭教師の「一橋セイシン会」は2019年12月に「メガスタ」に名称変更しました。

「一橋セイシン会」は「メガスタ」に名称変更しました。

私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

日本史-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 日本史の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/

大問数

大問数4題です。

難易度

易~標準

易~標準

出題形式

空所補充、正誤判定、下線部問題、史料問題

傾向と対策

基礎学力到達度テストの日本史は、それほど難しいレベルではありません。しかし、その分、高得点勝負になります。
その中で、日本史を得点源にし、基礎学力到達度テストで良い成績を取るためには、正しい方法で勉強することが重要です。

〈日本史を「まんべんなく学習する」ための2つのポイント〉

【ポイント①】 「基礎を固め、流れをつかむ」
【ポイント②】 「史料問題の対策をする」

【ポイント①】「基礎を固め、流れをつかむ」
【ポイント①】「基礎を固め、流れをつかむ」

基礎学力到達度テストの日本史は、古代から近代までがまんべんなく出題されます。
全体的に、基本的な問題で構成されているので、以下の2つの対策を行いましょう。

i. 教科書と史料集で基本を固める

問題集を解くだけでは、試験でなかなか得点できません。
理由は、「問題集の設問」と「試験の設問」の違いにあります。
一問一答式のものをはじめ、問題集の設問には、多くの情報が盛り込まれています。
しかし、試験の設問では、限られた情報しか与えられません。
つまり、「試験の問題から推理し、解答できる力をつけること」が必要なのです。

そこで、まずは、教科書や史料集の内容を、見落としがちな細部の情報まで何度も振り返り、基本事項を定着させることを大切にしましょう。
用語や人物を覚えることはもちろん、出来事の背景・人物の相関関係をしっかり理解し、人に説明できるくらいに整理しておくことが重要です。
オススメの教科書、史料集は『詳説 日本史B』(山川出版社)、『詳説 日本史図録』(山川出版社)です。

ii. 時代の流れをつかむ

次に、重要なポイントをおさえ、時代の流れをつかみましょう。
オススメの書籍は、『NEW石川日本史B講義の実況中継』全5巻(石川晶康著、語学春秋社出版)です。
時代ごとに巻が分かれており、ひとつひとつの出来事が、話し言葉で非常に分かりやすく解説されています。
本書は受験書籍ですが、基礎学力到達度テスト対策としてもオススメです。
これで、日本史を「まんべんなく学習する」ことができます。

基礎学力到達度テストの日本史は、古代から近代までがまんべんなく出題されます。
全体的に、基本的な問題で構成されているので、以下の2つの対策を行いましょう。

i. 教科書と史料集で基本を固める

問題集を解くだけでは、試験でなかなか得点できません。
理由は、「問題集の設問」と「試験の設問」の違いにあります。
一問一答式のものをはじめ、問題集の設問には、多くの情報が盛り込まれています。
しかし、試験の設問では、限られた情報しか与えられません。
つまり、「試験の問題から推理し、解答できる力をつけること」が必要なのです。

そこで、まずは、教科書や史料集の内容を、見落としがちな細部の情報まで何度も振り返り、基本事項を定着させることを大切にしましょう。
用語や人物を覚えることはもちろん、出来事の背景・人物の相関関係をしっかり理解し、人に説明できるくらいに整理しておくことが重要です。
オススメの教科書、史料集は『詳説 日本史B』(山川出版社)、『詳説 日本史図録』(山川出版社)です。

ii. 時代の流れをつかむ

次に、重要なポイントをおさえ、時代の流れをつかみましょう。
オススメの書籍は、『NEW石川日本史B講義の実況中継』全5巻(石川晶康著、語学春秋社出版)です。
時代ごとに巻が分かれており、ひとつひとつの出来事が、話し言葉で非常に分かりやすく解説されています。
本書は受験書籍ですが、基礎学力到達度テスト対策としてもオススメです。
これで、日本史を「まんべんなく学習する」ことができます。

【ポイント②】「史料問題の対策をする」
【ポイント②】「史料問題の対策をする」

大問3では、史料問題が出題される傾向が続いています。題材も、古代から近代まで幅広く取り扱われます。
史料問題については、 問題集での演習がとても重要となってきます。
古文体の文章を読んだり、キーワードから時代、出来事、関連人物などを推測したりするには、知識だけではなく、訓練が必要です。
対策としては、出来るだけ多くの史料問題に触れ、見たことのある史料のレパートリーを増やし、慣れることです。
また実際に問題を解いて、推測し、解答する訓練をしましょう。
オススメの史料問題集は、『結論! 日本史史料』(石川晶康著 学研出版)です。

大問3では、史料問題が出題される傾向が続いています。題材も、古代から近代まで幅広く取り扱われます。
史料問題については、 問題集での演習がとても重要となってきます。
古文体の文章を読んだり、キーワードから時代、出来事、関連人物などを推測したりするには、知識だけではなく、訓練が必要です。
対策としては、出来るだけ多くの史料問題に触れ、見たことのある史料のレパートリーを増やし、慣れることです。
また実際に問題を解いて、推測し、解答する訓練をしましょう。
オススメの史料問題集は、『結論! 日本史史料』(石川晶康著 学研出版)です。

【まとめ】

基礎学力到達度テストの日本史は、それほど難度が高くはなく、基本的な内容がほとんどです。
だからこそ、他の受検者と差をつけるために、上位の得点を取る必要があります。
特に、日大系列の学校はレベルも様々です。
たとえ学校内での順位が上位でも、安心することはできません。

・「志望の学部に進学したい」
・「絶対に日大の推薦を取りたい」

上記に当てはまる人の場合は、ますます、早めの試験対策が重要です。
試験は11月。入試に比べ、早い時期に行われます。
試験範囲をそれまでにおさえるためには、毎日の授業内容を確実に理解し、家庭では復習や問題演習を計画的に行わなくてはなりません。
また、授業内容の理解をより深めるためには、自分で教科書をどんどん読み進め、予習するようにしましょう。

【ポイント①】 基礎を固め、流れをつかむ
【ポイント②】 史料問題の対策をする

これら、2つのポイントに注意して日々の勉強に取り組み、基礎学力到達度テストの日本史を攻略しましょう!

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!