国語-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 国語の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/– 分
(政経と合わせた点数です。)

大問数

大問数4題です。

難易度

標準

標準

傾向と対策

国語は、評論文・エッセイ・小説、古文、漢文がそれぞれ1題ずつ出題されます。漢字などの知識問題も出題されます。

全体を通じて、教科書レベルではありますが、試験時間に対して問題量が多くなっています。
高得点を狙うためには、最後まで解答する必要があります。これからお話することを参考に、勉強を進めていきましょう。

評論文

評論文対策のポイントは3つあります。

【ポイント①】「一気に読み進めるのはNG」
【ポイント①】「一気に読み進めるのはNG」

文章を読む時に、最初から最後まで一気に読んで、内容をつかもうとはしていませんか?
しかし、一気に読み進めると、内容を正確にとらえることが難しくなってしまいます。
そのため、「評論文の読み方」に則って読み進めることが大切です。

まず、評論文を読む時は、段落ごとに主旨をとらえながら読んでいきます。
ポイントは、「逆説(しかし)や言い換え(つまり)の部分に注目すること」です。

この部分には、文章の中で重要なことが書かれているので、ここを押さえながら読むと、主旨をとらえやすくなります。
段落ごとに主旨をつかむことができたら、それをまとめて、文章全体の主旨をとらえていきましょう。

この読み方を パラグラフリーディングと言います。このように、評論文は、段落ごとに区切って読んでいくことが大切です。

文章を読む時に、最初から最後まで一気に読んで、内容をつかもうとはしていませんか?
しかし、一気に読み進めると、内容を正確にとらえることが難しくなってしまいます。
そのため、「評論文の読み方」に則って読み進めることが大切です。

まず、評論文を読む時は、段落ごとに主旨をとらえながら読んでいきます。
ポイントは、「逆説(しかし)や言い換え(つまり)の部分に注目すること」です。

この部分には、文章の中で重要なことが書かれているので、ここを押さえながら読むと、主旨をとらえやすくなります。
段落ごとに主旨をつかむことができたら、それをまとめて、文章全体の主旨をとらえていきましょう。

この読み方を パラグラフリーディングと言います。このように、評論文は、段落ごとに区切って読んでいくことが大切です。

【ポイント②】「文章構造に注目」
【ポイント②】「文章構造に注目」

評論文の対策で一番有効なのは、「様々なテーマの文章を沢山読んでおくこと」です。
なぜなら、スラスラと読み進めるためには、評論文独自の文章構造に慣れておくことが大切だからです。

評論文の場合、基本的に文章は「序論-本論-結論」という構造で書かれています。

ポイント①のパラグラフリーディングを使いながら、それぞれに何が書いてあるのか、とらえていきましょう。

評論文の対策で一番有効なのは、「様々なテーマの文章を沢山読んでおくこと」です。
なぜなら、スラスラと読み進めるためには、評論文独自の文章構造に慣れておくことが大切だからです。

評論文の場合、基本的に文章は「序論-本論-結論」という構造で書かれています。

ポイント①のパラグラフリーディングを使いながら、それぞれに何が書いてあるのか、とらえていきましょう。

【ポイント③】「読解力のトレーニング」
【ポイント③】「読解力のトレーニング」

どれだけ沢山の文章を読んで、語彙力をつけても、読解力が身についていなければ、目標点数に届きません。
読解力を養うためには、「文章要約の練習をすること」が有効です。

文章要約は、問題文の内容をしっかりととらえることができなければ、上手くまとめることができません。
評論文を読む時、文章の主旨をつかんだら、問題文全体の要約文を書いてみてください。難しい表現を使わず、文章の内容を正確に、分かりやすく書きます。
要約文ができたら、先生や国語に詳しい人に、文章がきちんと理解できているかどうか、添削してもらってください。

これを繰り返すと、確実な読解力を身につけることができます。
評論文は、このように3つのポイントをおさえることで、対策を進めていくことができます。

次に、古文と漢文の対策について説明します。

どれだけ沢山の文章を読んで、語彙力をつけても、読解力が身についていなければ、目標点数に届きません。
読解力を養うためには、「文章要約の練習をすること」が有効です。

文章要約は、問題文の内容をしっかりととらえることができなければ、上手くまとめることができません。
評論文を読む時、文章の主旨をつかんだら、問題文全体の要約文を書いてみてください。難しい表現を使わず、文章の内容を正確に、分かりやすく書きます。
要約文ができたら、先生や国語に詳しい人に、文章がきちんと理解できているかどうか、添削してもらってください。

これを繰り返すと、確実な読解力を身につけることができます。
評論文は、このように3つのポイントをおさえることで、対策を進めていくことができます。

次に、古文と漢文の対策について説明します。

古文

古文の問題は、「文法力」や「単語力」をつけることが大切です。これさえあれば、ある程度の問題は解くことができるようになります。
具体的には、「文法・単語テキストを1冊は最後まで解いてみる」ことです。その際、難しいものに手を出すのではなく、まずは、基本的なレベルのテキストで、基礎をしっかりと固めましょう。

また、過去問を含め、古文の問題集での演習も重ねておきましょう。わからなかった問題はノートに書き出し、必ず学習しておいてください。

「口語訳」ができるようになることも、古文対策をする上で大切です。「係り結び」や「呼応の副詞」は、特に頻出です。文法や単語の基礎をしっかりと固め、場面ごとにふさわしい現代語訳ができるようにしましょう。

漢文

よく出題されるのは、「助字・同字異訓・再読文字・基本句形」などです。
問題文は、教科書や問題集などに載っているような、有名な作品からの出題が多くなっています。そのため、演習を重ね、できるだけ多くの作品にふれるようにしましょう。

【まとめ】

基礎学力到達度テストの国語は、大半が標準的なレベルの問題です。基礎をしっかり固め、演習を行うことが大切です。ただ、基礎学力到達度テストは、普段の定期テストと同じ対策では、目標点数をとることができません。

「こんなに勉強したのに、点数がとれなかった」という場合、それは、以下のような傾向に合わせた対策を進めていなかったことが原因です。

〈基礎学力到達度テストの国語の傾向〉

・問題文は現代的なテーマのものが出題される
・漢字の問題は二字熟語としての出題が多い
・設問のほとんどは読解問題である
・古文は、係り結びや副詞に注意する
・漢文の助字・再読文字が頻出

基礎学力到達度テストの対策は、過去問を分析して、傾向に合わせた対策を行うことが重要なのです。国語が得意だという人は、特に、過去問を使って効率的な学習を心がけてください。
国語が苦手な人は、まずは、自分の弱点を把握しましょう。

   ・漢字の問題が苦手
   ・評論文で、いつも選択肢にまどわされてミスをしてしまう
   ・古文の中で、指示語が何を意味しているのかわからない
   ・漢文の基本句形がわからない

など、「国語が苦手」と言っても、人によって苦手な箇所は様々です。そのため、一人ひとりに合った対策を進め、早いうちから苦手の穴埋めに取り組んでおいてください。

基礎学力到達度テストの国語は、基礎を固めて、傾向に合わせた対策をしていくことが大切です。高得点を取り、目標の学部へ進学できるよう、対策を進めていきましょう。

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

お急ぎの方は、以下のフリーコールからお問い合わせください。0120-001-691

学校別傾向と対策

私立校の傾向と対策
お電話でのお問い合わせはこちら
日大付属校別傾向と対策

首都圏の日本大学付属高校の傾向と対策ページです。
基礎学力到達度テストの傾向と対策と合わせてごらんください。

  • 日大第一
  • 日大第二
  • 日大豊山
  • 日大豊山女子
  • 日大第三
  • 日大日吉
  • 日大藤沢
  • 千葉日大
  • 日大習志野
  • 日大鶴ヶ丘
  • 日大桜丘
  • 日出高校
  • 土浦日大
  • 岩瀬日大
  • 日大三島
  • 佐野日大
  • 日大明誠
  • 長野日大
  • 札幌日大
  • 日大東北
  • 日大山形
  • 大垣日大
  • 宮崎日大
  • 長崎日大
私立校の傾向と対策
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ