物理-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 物理の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/60分

大問数

大問数8題です。

難易度

やや易~標準

やや易~標準

出題形式

全問選択式(大半は空欄補充式)
(大問1は文章に適切な選択肢を5~9つの中から選ぶ問題)

傾向と対策

基礎学力到達度テストの物理は、全体を通して、基本事項を中心的に出題されています。
ただ、重要なポイントは漏らさず出されています。
そのため、基礎が定着していないと、高得点は難しい試験です。

基礎学力到達度テストの物理が解けるようになるポイントを、4つご紹介します。

<基礎学力到達度テストの物理が解けるようになる4つのポイント>

【ポイント①】 「問題集はやらない」
【ポイント②】 「高得点が狙える作戦を立てる」
【ポイント③】 「先生になる」
【ポイント④】 「計算ミスの原因を知る」

【ポイント①】「問題集はやらない」
【ポイント①】「問題集はやらない」

基礎学力到達度テストの物理では、教科書の例題に似た問題が多く出されます。
「振り子」、「ドップラー効果」、「共鳴」、「ローレンツ力」、「ボイル・シャルルの法則」など、みなさんも教科書で1度は見たことがあると思います。

いろいろな問題集に取り組むよりも、教科書を重点的に学習することが、得点に直結します。

基礎学力到達度テストの物理では、教科書の例題に似た問題が多く出されます。
「振り子」、「ドップラー効果」、「共鳴」、「ローレンツ力」、「ボイル・シャルルの法則」など、みなさんも教科書で1度は見たことがあると思います。

いろいろな問題集に取り組むよりも、教科書を重点的に学習することが、得点に直結します。

【ポイント②】「高得点が狙える作戦を立てる」
【ポイント②】「高得点が狙える作戦を立てる」

高得点を取るには、試験傾向を知り、対策を立てることが必要です。
試験傾向を知るために、過去問を活用しましょう。
ただし、やみくもに過去問に取りかかるのではなく、以下の点に注意して活用してください。

【過去問を活用する時の注意点】
i. 「時間配分を考える」
ii. 「解答形式に慣れる」

i.「時間配分を考える」

基礎学力到達度テストの物理は問題数がとても多く、例年、大問8題が出題されています。
(一般大学の入試は大問3~5題です。)
時間内に解答するためには、「時間配分をあらかじめ考えておくこと」が必要です。

過去問を通して、どの単元で時間がかかりやすいか分析しましょう。
そして、確実に得点できる単元(得意な単元)から解き、苦手単元の問題に時間を残しましょう。

ii.「解答形式に慣れる」

また、基礎学力到達度テストの物理は例年、次のような解答形式となっています。

●大問1
グラフに関する問題です。この大問だけ、空欄補充形式ではなく、問いの文に合うグラフを1つずつ選択していく形式です。選択肢は5~9つあります。

●大問2以降
すべて空欄補充の問題になっています。文中に空欄が1~5つあり、与えられた選択肢から選び出します。

試験中、設問文を丁寧に読むことは大切ですが、一字一句もらさずに読む必要はありません。
解答形式に慣れておけば、それほど時間をかけなくても、設問の意味を正確に理解することができます。設問を読む時間をはぶき、素早く解答していきましょう。

高得点を取るには、試験傾向を知り、対策を立てることが必要です。
試験傾向を知るために、過去問を活用しましょう。
ただし、やみくもに過去問に取りかかるのではなく、以下の点に注意して活用してください。

【過去問を活用する時の注意点】
i. 「時間配分を考える」
ii. 「解答形式に慣れる」

i.「時間配分を考える」

基礎学力到達度テストの物理は問題数がとても多く、例年、大問8題が出題されています。
(一般大学の入試は大問3~5題です。)
時間内に解答するためには、「時間配分をあらかじめ考えておくこと」が必要です。

過去問を通して、どの単元で時間がかかりやすいか分析しましょう。
そして、確実に得点できる単元(得意な単元)から解き、苦手単元の問題に時間を残しましょう。

ii.「解答形式に慣れる」

また、基礎学力到達度テストの物理は例年、次のような解答形式となっています。

●大問1
グラフに関する問題です。この大問だけ、空欄補充形式ではなく、問いの文に合うグラフを1つずつ選択していく形式です。選択肢は5~9つあります。

●大問2以降
すべて空欄補充の問題になっています。文中に空欄が1~5つあり、与えられた選択肢から選び出します。

試験中、設問文を丁寧に読むことは大切ですが、一字一句もらさずに読む必要はありません。
解答形式に慣れておけば、それほど時間をかけなくても、設問の意味を正確に理解することができます。設問を読む時間をはぶき、素早く解答していきましょう。

【ポイント③】「先生になる」
【ポイント③】「先生になる」

「先生になる」と言っても、授業をするということではなく、「人に教える」ということです。
物理は積み重ねの学問であるため、基本の理解が大切です。

基本を理解するには、「人に教える」ことが適しています。
分からないところを人に教えることはできないので、理解できていないところを見つけることができます。
説明できないところは、教科書に戻って、確認作業をしっかりとしてください。

「先生になる」と言っても、授業をするということではなく、「人に教える」ということです。
物理は積み重ねの学問であるため、基本の理解が大切です。

基本を理解するには、「人に教える」ことが適しています。
分からないところを人に教えることはできないので、理解できていないところを見つけることができます。
説明できないところは、教科書に戻って、確認作業をしっかりとしてください。

【ポイント④】「計算ミスの原因を知る」
【ポイント④】「計算ミスの原因を知る」

基礎学力到達度テストの物理は、すべて選択式の問題です。そのため、解法・途中式がいくら正しくても、計算ミスをして、不正解の選択肢を選んでしまっては、得点につながりません。
逆にいえば、計算ミスがなくなれば、それだけ高得点をとれるようになります。

計算ミスをなくすには、自分のミスのクセを把握するとよいでしょう。
例えば、「分母と分子の区別ができていない」といったことです。

物理では、等式を用いて算出する問題が頻出です。
そのような問題では「移項」が多くなり、もともとの公式の分母と分子が混ざってしまうことがあります。このミスは、公式を定着させることで防げます。

そのほかには、「数値計算をミスしてしまう」などがあります。このミスは、計算スペースを十分にとる、等号の位置を揃える、などの対策で減らすことができます。

自分のミスの原因をはっきりさせ、適切な対策をとって、確実に得点に結びつけましょう。

基礎学力到達度テストの物理は、すべて選択式の問題です。そのため、解法・途中式がいくら正しくても、計算ミスをして、不正解の選択肢を選んでしまっては、得点につながりません。
逆にいえば、計算ミスがなくなれば、それだけ高得点をとれるようになります。

計算ミスをなくすには、自分のミスのクセを把握するとよいでしょう。
例えば、「分母と分子の区別ができていない」といったことです。

物理では、等式を用いて算出する問題が頻出です。
そのような問題では「移項」が多くなり、もともとの公式の分母と分子が混ざってしまうことがあります。このミスは、公式を定着させることで防げます。

そのほかには、「数値計算をミスしてしまう」などがあります。このミスは、計算スペースを十分にとる、等号の位置を揃える、などの対策で減らすことができます。

自分のミスの原因をはっきりさせ、適切な対策をとって、確実に得点に結びつけましょう。

【まとめ】

物理は、「暗記することが最も少ない科目」と言えます。
原理原則が理解できれば、一気に試験の点数を伸ばすことが可能です。そのため、苦手意識のある人も、挽回できるチャンスは十分にあります。

しかし、逆に、基本を理解しないまま、1人で勉強を続けても、なかなか身につきません。
以下に当てはまる人は要注意です。「どれだけ時間をかけても理解できない」状態に陥っている可能性があります。

・「なんとなくわかるけど、どうしてこうなるか分からない」
・「どこがわからないか分からない」
・「前は解けた問題がなぜか解けなくなった」

ただ、物理は、教えてもらうと、あっさり糸口が見つかることがあります。

実は、本当に必要なことは、ノート2、3ページにまとめることができ、重要な公式も10個程度なのです。このように、コツがある科目なので、「物理ができないのは本人のせいではなく、教える側の責任」と言われることもあります。

つまり、物理は、ポイントを押さえることで、効率良く学習することができるのです。

なお、基礎学力到達度テストはある基準点があり、その基準点を上回らないと、希望学部に出願できません。
わずかな差で、希望学部に進学できるか、できないかが決まる重要な試験です。

物理の配点も、他の科目同様、100点であり、全体の4分の1を占める重要科目です。

<基礎学力到達度テストの物理が解けるようになる4つのポイント>
【ポイント①】 「問題集はやらない
【ポイント②】 「高得点が狙える作戦を立てる」
【ポイント③】 「先生になる」
【ポイント④】 「計算ミスの原因を知る」

これら、4つのポイントに注意して日々の勉強に取り組み、基礎学力到達度テストの物理を攻略しましょう!

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

お急ぎの方は、以下のフリーコールからお問い合わせください。0120-001-691

学校別傾向と対策

私立校の傾向と対策
お電話でのお問い合わせはこちら
日大付属校別傾向と対策

首都圏の日本大学付属高校の傾向と対策ページです。
基礎学力到達度テストの傾向と対策と合わせてごらんください。

  • 日大第一
  • 日大第二
  • 日大豊山
  • 日大豊山女子
  • 日大第三
  • 日大日吉
  • 日大藤沢
  • 千葉日大
  • 日大習志野
  • 日大鶴ヶ丘
  • 日大桜丘
  • 日出高校
  • 土浦日大
  • 岩瀬日大
  • 日大三島
  • 佐野日大
  • 日大明誠
  • 長野日大
  • 札幌日大
  • 日大東北
  • 日大山形
  • 大垣日大
  • 宮崎日大
  • 長崎日大
私立校の傾向と対策
指導例
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ 世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市 都筑区/ 青葉区/ 緑区/ 港北区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 戸塚区/ 磯子区/ 金沢区/ 泉区/ 港南区/ 神奈川区/ 中区/ 西区/ 南区/ 鶴見区/ 栄区
川崎市 多摩区/ 高津区/ 宮前区/ 中原区/ 幸区/ 麻生区/ 川崎区
その他の神奈川県 大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/ 等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/ 習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/ 等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ