「一橋セイシン会」は「メガスタ」に名称変更しました。

私立専門オンライン家庭教師のメガスタ
無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

政経-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 政経の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/–
(倫理と合わせた点数です。)

大問数

大問4題で構成されています。
(倫理と合わせて8題程度です)

難易度

標準

標準

対策

基礎学力到達度テストの政経は、政治と経済がバランスよく出題されます。
政経は教科書レベルの問題が中心です。しかし、主要教科の対策に追われ、手が回らない人が多く、平均点は例年40~50点と低くなっています。
そのため、差をつけるにはうってつけの教科なのです。
早めに対策をして、高得点を狙いましょう。
ただ、全ての範囲を勉強していては、時間がいくらあっても足りません。
基礎学力到達度テストで点数を取るための、効率的な学習をする必要があります。
そのためには、 「問題の特徴を知り、それに合った対策をする」 ことが大切です。
具体的に見ていきましょう。

「正誤判定問題が多く出題される」

基礎学力到達度テストの問題には、「正誤判定問題が多い」という特徴があります。
正誤判定問題で答えを出すには、テクニックがあります。
「選択肢の中で、間違っているポイントを見つけ出すこと」です。
これは、「正しい選択肢を選ぶ」ときも同じです。
「正しい」と判断するには、本当に文章全てが正しいのか、検証しなければなりません。
しかし、「間違っている」と判断するためには、文章中にただ1つの間違いを見つければいいのです。
つまり、「間違い」を見つける方が、答えを出すために必要な知識が少なくてすむのです。
選択肢の中で「間違い」を探すときのポイントは、次の3つです。

【ポイント①】 「数値」
【ポイント②】 「「必ず」「全て」といった限定表現」
【ポイント③】 「場所・人名・制度などの固有名詞」

【ポイント①】「数値」
【ポイント①】「数値」

たとえば、 以下のような選択肢です。

・「比例代表制の部分は、定数が300名となっている」
・「政党に対する個人献金は、年間1億円まで認められている」

間違った数値を選択肢に入れるのは、パターンの1つです。

たとえば、 以下のような選択肢です。

・「比例代表制の部分は、定数が300名となっている」
・「政党に対する個人献金は、年間1億円まで認められている」

間違った数値を選択肢に入れるのは、パターンの1つです。

【ポイント②】「必ず」「全て」といった限定表現
【ポイント②】「必ず」「全て」といった限定表現

たとえば、 以下のような選択肢です。

・ 「助成金はこれまで国内の全ての政党に支払われてきている」

例外があるものに「すべて~」「必ず~」という言葉をつけ、間違った選択肢にするパターンも、多く見られます。

たとえば、 以下のような選択肢です。

・ 「助成金はこれまで国内の全ての政党に支払われてきている」

例外があるものに「すべて~」「必ず~」という言葉をつけ、間違った選択肢にするパターンも、多く見られます。

【ポイント③】場所・人名・制度などの固有名詞
【ポイント③】場所・人名・制度などの固有名詞

たとえば、 以下のような選択肢です。

・「マーシャルは寡占体制下の市場での不完全競争は、大企業優位の不公正な経済体制であることを説明し、独占禁止立法を求める労働運動を指導した」
・「アメリカがキューバにミサイル基地を建設したことで、キューバ危機が起こった」
・「景気の停滞や過熱を抑えるため、政府は公共投資や公定歩合を操作して裁量的に総需要を管理してフィスカルポリシーを行う」

固有名詞の説明で、間違いを入れるパターンです。

以上の3つ以外にも、パターンがあります。
基礎学力到達度テスト・センター試験の過去問などで問題演習を積み、パターンをつかんでおきましょう。

たとえば、 以下のような選択肢です。

・「マーシャルは寡占体制下の市場での不完全競争は、大企業優位の不公正な経済体制であることを説明し、独占禁止立法を求める労働運動を指導した」
・「アメリカがキューバにミサイル基地を建設したことで、キューバ危機が起こった」
・「景気の停滞や過熱を抑えるため、政府は公共投資や公定歩合を操作して裁量的に総需要を管理してフィスカルポリシーを行う」

固有名詞の説明で、間違いを入れるパターンです。

以上の3つ以外にも、パターンがあります。
基礎学力到達度テスト・センター試験の過去問などで問題演習を積み、パターンをつかんでおきましょう。

【まとめ】

〈正誤判定問題のポイント〉
【ポイント①】 「数値」
【ポイント②】 「「必ず」「全て」といった限定表現」
【ポイント③】 「場所・人名・制度などの固有名詞」

以上のポイントに注意して日々の勉強に取り組み、基礎学力到達度テストの政経を攻略しましょう!

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立高に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけのオンライン指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!