「一橋セイシン会」は「メガスタ」に名称変更しました。

私立専門オンライン家庭教師のメガスタ
無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

理系数学-基礎学力到達度テスト 傾向と対策-

基礎学力到達度テスト 理系数学の対策ページです。

試験データ

配点/時間

100点/60分

大問数

平成10年度:9題
平成11年度~平成18年度:8題
平成19年度以降:10題

難易度

易~標準

易~標準

出題形式

マーク式で、2通りの形式があります。
i. 計算結果の数値をマークする空欄補充形式(マイナスの符号をマークする場合も)
ii. 計算結果の選択肢が与えられた選択形式

傾向と対策

基礎学力到達度テストの理系数学は、出題傾向がはっきりしています。
これらの傾向をふまえ、基礎学力到達度テストの理系数学でより点数を取るためのポイントを、3つご紹介します。

〈理系数学で高得点を取るための3つのポイント〉
【ポイント①】 ケアレスミスをなくす
【ポイント②】 戦略的な学習をする
【ポイント③】 苦手単元をなくす

【ポイント①】「ケアレスミスをなくす」
【ポイント①】「ケアレスミスをなくす」

基礎学力到達度テストの理系数学は選択式です。
記述式と異なり、式や計算過程が合っていても、答えが間違っていたら部分点はもらえません。
そのため、ケアレスミスをなくし、解ける問題を正確に解く必要があります。
ケアレスミスをなくすには、ミスの原因をきちんと把握し、対策を立てることが大切です。

たとえば、ケアレスミスをした単元名や問題、ケアレスミスの原因をノートに書き出します。
そのノートをもとに、自分がどのようなミスをしやすいのか、把握しましょう。

また、問題数が多いと計算量も必然的に多くなってきます。
計算のスピードも上げつつ、より正確な計算力を目指しましょう。

基礎学力到達度テストの理系数学は選択式です。
記述式と異なり、式や計算過程が合っていても、答えが間違っていたら部分点はもらえません。
そのため、ケアレスミスをなくし、解ける問題を正確に解く必要があります。
ケアレスミスをなくすには、ミスの原因をきちんと把握し、対策を立てることが大切です。

たとえば、ケアレスミスをした単元名や問題、ケアレスミスの原因をノートに書き出します。
そのノートをもとに、自分がどのようなミスをしやすいのか、把握しましょう。

また、問題数が多いと計算量も必然的に多くなってきます。
計算のスピードも上げつつ、より正確な計算力を目指しましょう。

【ポイント②】「自分の「学力状況」と試験の「傾向」に合わせた戦略的学習」
【ポイント②】「自分の「学力状況」と試験の「傾向」に合わせた戦略的学習」

基礎学力到達度テストは、出題傾向に合わせた対策がそのまま得点に結びつきやすい試験です。
「戦略的な学習」を行いましょう。

「戦略的な学習」とは、「自分の学力状況や試験の傾向に合わせて、より効率的に勉強をする」ことです。
やるべきことは、以下の2つです。

i. 「出題頻度の高い単元を優先的に学習する」
ii. 「難しい問題に時間をかけすぎない」

i. 出題頻度の高い単元を優先的に学習する

理系数学は出題傾向がはっきりしています。
そのため、 優先順位をつけて効率良く勉強することが、ポイントになります。

〈例〉
●「いろいろな関数」・・・この5年では最頻出。
●「三角関数」・・・ここ10年毎年出題されている。
●「指数関数と対数関数」・・・出題が非常に多くなっている。
●「二次関数」、「図形と方程式」、「微分法」、「積分法」、「行列」・・・最近、出題が目立つ。
●「平面図形」、「統計とコンピュータ」、「数値計算とコンピュータ」、「確率分布」、「統計処理」・・・近年、出題されていない。

ii. 難しい問題に時間をかけすぎない

基礎学力到達度テストの理系数学は標準レベルの問題が中心です。
ですから、難しい問題を解けるようにするよりも、 標準レベルの問題を幅広く解けるようにしましょう。

学校で行うのは基礎的な学習のみです。
基礎学力到達度テストに向けて、自分に何が必要かを見極め、学力状況と試験傾向に合わせた「戦略的な学習」を進めましょう。

基礎学力到達度テストは、出題傾向に合わせた対策がそのまま得点に結びつきやすい試験です。
「戦略的な学習」を行いましょう。

「戦略的な学習」とは、「自分の学力状況や試験の傾向に合わせて、より効率的に勉強をする」ことです。
やるべきことは、以下の2つです。

i. 「出題頻度の高い単元を優先的に学習する」
ii. 「難しい問題に時間をかけすぎない」

i. 出題頻度の高い単元を優先的に学習する

理系数学は出題傾向がはっきりしています。
そのため、 優先順位をつけて効率良く勉強することが、ポイントになります。

〈例〉
●「いろいろな関数」・・・この5年では最頻出。
●「三角関数」・・・ここ10年毎年出題されている。
●「指数関数と対数関数」・・・出題が非常に多くなっている。
●「二次関数」、「図形と方程式」、「微分法」、「積分法」、「行列」・・・最近、出題が目立つ。
●「平面図形」、「統計とコンピュータ」、「数値計算とコンピュータ」、「確率分布」、「統計処理」・・・近年、出題されていない。

ii. 難しい問題に時間をかけすぎない

基礎学力到達度テストの理系数学は標準レベルの問題が中心です。
ですから、難しい問題を解けるようにするよりも、 標準レベルの問題を幅広く解けるようにしましょう。

学校で行うのは基礎的な学習のみです。
基礎学力到達度テストに向けて、自分に何が必要かを見極め、学力状況と試験傾向に合わせた「戦略的な学習」を進めましょう。

【ポイント③】「苦手克服法」
【ポイント③】「苦手克服法」

基礎学力到達度テストの試験では難問はあまり出題されません。
そのため、得意科目では差がつきにくく、逆に苦手科目があると、差がついてしまいます。
よって、 苦手単元をなくす学習が有効な対策となります。
そこで、数学が苦手になってしまう3つの原因と、その対策をご紹介します。

〈数学が苦手になってしまう3つの原因〉

i. 苦手単元が分からない
ii. どこが分からないか分からない
iii. 公式がなかなか覚えられない

i.苦手単元が分からない

そもそも、苦手な単元が分からないという場合です。
苦手な単元を把握するには、まず、基礎学力到達度テストの出題範囲が一度に網羅されている模試などを受けてみましょう。
出題範囲が広い模試は、理解したことが定着していないと得点できません。
おすすめは、標準レベルの問題が多い、河合塾の全統模試や代ゼミの模試です。
間違えた問題をチェックし、苦手単元を見つけましょう。苦手な単元がはっきりしたら、順番にそこを対策していきます。

ii.どこが分からないか分からない

応用問題を解いているときに、こういった状態になってしまうことがあります。この場合は、「もっとも基礎的な単元まで教科書をさかのぼって勉強すること」が必要です。

数学は積み重ねの学問と言えます。原理や定義をしっかり把握していないと、ひねった問題には対応できません。単元をさかのぼるのは、手間がかかるようですが、問題点の根本を改めるので、むしろ効率的です。

たとえば、数学Ⅲの「微分法」、「積分法」は頻出です。そこでつまずいてしまった場合に、より基礎となる「微分・積分の考え」まで見直しをする、といったことです。

iii.公式がなかなか覚えられない

たとえば、数学Ⅲの「微分法」、「積分法」は頻出です。そこでつまずいてしまった場合に、より基礎となる「微分・積分の考え」まで見直しをする、といったことです。

ここで、定理を暗記することに加え、「定理を導く(導出)過程」も確認しておきます。「導出過程」を理解していれば、本番で定理を忘れても、その場で対応できます。加えて、記憶に頼っているものではないので、混乱することも防げます。

導出には多少時間がかかってしまいますが、試験時間内に各定理を導出する時間はあるので、導出できるようにしておきましょう。

このようにして、苦手単元をなくせば、確実に得点がかせげます。

基礎学力到達度テストの試験では難問はあまり出題されません。
そのため、得意科目では差がつきにくく、逆に苦手科目があると、差がついてしまいます。
よって、 苦手単元をなくす学習が有効な対策となります。
そこで、数学が苦手になってしまう3つの原因と、その対策をご紹介します。

〈数学が苦手になってしまう3つの原因〉

i. 苦手単元が分からない
ii. どこが分からないか分からない
iii. 公式がなかなか覚えられない

i.苦手単元が分からない

そもそも、苦手な単元が分からないという場合です。
苦手な単元を把握するには、まず、基礎学力到達度テストの出題範囲が一度に網羅されている模試などを受けてみましょう。
出題範囲が広い模試は、理解したことが定着していないと得点できません。
おすすめは、標準レベルの問題が多い、河合塾の全統模試や代ゼミの模試です。
間違えた問題をチェックし、苦手単元を見つけましょう。苦手な単元がはっきりしたら、順番にそこを対策していきます。

ii.どこが分からないか分からない

応用問題を解いているときに、こういった状態になってしまうことがあります。この場合は、「もっとも基礎的な単元まで教科書をさかのぼって勉強すること」が必要です。

数学は積み重ねの学問と言えます。原理や定義をしっかり把握していないと、ひねった問題には対応できません。単元をさかのぼるのは、手間がかかるようですが、問題点の根本を改めるので、むしろ効率的です。

たとえば、数学Ⅲの「微分法」、「積分法」は頻出です。そこでつまずいてしまった場合に、より基礎となる「微分・積分の考え」まで見直しをする、といったことです。

iii.公式がなかなか覚えられない

たとえば、数学Ⅲの「微分法」、「積分法」は頻出です。そこでつまずいてしまった場合に、より基礎となる「微分・積分の考え」まで見直しをする、といったことです。

ここで、定理を暗記することに加え、「定理を導く(導出)過程」も確認しておきます。「導出過程」を理解していれば、本番で定理を忘れても、その場で対応できます。加えて、記憶に頼っているものではないので、混乱することも防げます。

導出には多少時間がかかってしまいますが、試験時間内に各定理を導出する時間はあるので、導出できるようにしておきましょう。

このようにして、苦手単元をなくせば、確実に得点がかせげます。

【まとめ】

基礎学力到達度テストは基本問題が中心です。そのため、高得点勝負になります。
さらに、理系数学はもともと理系科目を得意とする人が集まっているので、よりハイレベルの争いになってきます。

また、解答形式や大問数、頻出単元など、理系数学は傾向がはっきりしているので、「対策をとった人と、そうでない人で大きな差が出る」科目です。

基礎学力到達度テストは学部ごとに出願基準点があり、その基準点を上回らないと、希望学部に出願できません。
わずかな差で希望学部に進学できるか、できないかが決まる重要な試験です

希望学部を目指して、早めに対策を行いましょう。

基礎学力到達度テスト 科目別 傾向と対策ページ

英語国語文系数学理系数学
理科 (物理化学地学)、
社会 (日本史世界史地理倫理政経

日大付属高校の皆様へ

基礎学力到達度テストに強い家庭教師をご紹介します。

私たちの会は、基礎学力到達度テストに詳しいのはもちろん、学力・指導力・人柄にすぐれた家庭教師をご紹介できます。
基礎学力到達度テストで目指す学部の基準点をクリアする為には、「基礎学力到達度テストに強い家庭教師」は、最適なパートナーではないでしょうか。

家庭教師にご興味ある方は、ぜひ私たちの会の詳しい資料をご請求ください。
また、お急ぎの方、あるいはすでに家庭教師をお探しの方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話頂ければと思います。
(スタッフに「ホームページを見て」、とお伝えください。)

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立高に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけのオンライン指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!