私立専門オンライン家庭教師のメガスタ

私立指導実績最大級!

無料資料請求はこちら無料資料請求はこちら よくあるご質問

進級・内部進学や
大学受験でとても重要!

高得点を取れる
メガスタの
定期テスト対策!

お子さんの私立校に
準拠した対策をします

定期テストは、進級・内部進学はもちろん、大学受験に必要な基礎を身につけるためにも重要です。このことは、多くの保護者の方がご存じだと思います。
ただ、その一方で、「大学受験は入試次第だから、学校の成績は重要じゃない」「定期テストの点数が悪くても問題ない」「中学の成績は大学受験とは関係ない」と思っている方も少なくないと思います。

しかし、2021年から大きく変わる大学入試ではその考えはみなさんに”損”をさせるかもしれません。志望校への合格できる機会を自ら大幅に減らしてしまうことになるからです。

  • 定期テストの点数を伸ばしたい
  • 苦手科目を解消したい
  • 内部進学を目指している
  • 推薦・AOを狙っている

これらに当てはまることはないでしょうか?
もし一つでも当てはまった方は、ぜひ続きをお読みください。

定期テストが重要な2つの理由!

繰り返しになりますが、定期テストは学校の成績を決める上でとても重要です。私立校の場合は、進級や内部進学にも大きく影響してしまいます。
それに加えて、これからの大学入試では、定期テストの結果がとても重要になります。大学入試への影響については多くの方がご存じないので、その理由を下記でご紹介します。

理由① 進級・内部進学や基礎の定着に重要だから

私立校の場合、定期テストの点数や成績(内申点)を進級や内部進学の条件としている学校が大多数です。定期テストで進級・内部進学に必要な点数が取れないまま何も対策をしないと、最悪の場合、留年や退学となる危険性もあります

また、当たり前ですが、定期テストに向けてきちんと勉強することは、将来の大学受験の土台となります。毎回の定期テストを疎かにしている、抜け漏れや理解不足が多くある、という状況が続くと、いざ受験勉強を始める際に、中学・高校の基礎までさかのぼってやり直さなくてはなりません。

それでは受験本番までに必要な対策が終わらず、志望校に間に合わない危険があります。

理由② 大学入試が推薦・AO中心になり、評定平均が重要になるから

次に、大学入試への影響についてお話しします。
中学の定期テストや成績は大学入試に影響はない、とお考えの方は、特に注意深く読んでいただければと思います

ひと昔前までは少数派だった推薦・AO入試ですが、近年急増していることをご存じでしょうか?
たとえば、下記では2018年度の大学入学者の入試方式の内訳を比較しています。

●大学入学者の入試方式の内訳

このグラフから分かるように、推薦・AO入試での入学者の数は一般入試に匹敵するほど増えています

既に私立大学では、推薦・AO入試での入学者が一般入試での入学者よりも多く、また国公立大学でも今後、推薦・AO入試等での入学定員が3割程度まで増えていく見込みです。

もはや一般入試と並ぶほどの規模となっているAO・推薦入試ですが、実は一般入試よりも狙い目です。

「何がでるか分からない一般入試で合格点を取ること」と「出題範囲が決まっている定期テストで確実に点数をとること」とではどちらのほうが容易かは明らかですよね。

定期テストは出題範囲が決まっているので、正しい対策を行えば確実に点数を伸ばすことができます

さらに、推薦入試は「出願基準(評定)をクリアできる人が少ない」上に「少数派というイメージが強く知られていない」ので、一般入試よりも倍率が低いケースがほとんどです。
指定校推薦がもらえた場合には、ほとんど落ちることはありません。

つまり、推薦入試のほうが一般入試より合格しやすいのです。
ですので、推薦入試の出願基準となる評定(成績)を左右する定期テストは、これからますます重要になっていきます。

いかがでしょうか?
定期テストの重要性がお分かりいただけたと思います。

このように定期テストの対策をきちんと行い点数を重ねることは、内部進学や大学受験に向けて非常に重要だと言えます。

AO・推薦に必要な評定(成績)の目安とは?

ほとんどの推薦入試や一部のAO入試では出願要件に「評定平均の基準」があります。
「評定平均」とは高校1年生~高校3年生の1学期までの成績の平均値で算出されます。5段階基準で、10段階の場合には学校の基準によって5段階に直して算出されます。

では、推薦・AO入試で合格を狙う場合、どのくらいの評定が必要なのでしょうか?
下記では、主な大学の推薦入試の評定基準を比べています。

各大学の推薦入試の
評定基準の例

大学・学部
評定基準
青山学院大学
コミュニティ人間科学部
3.5
横浜国立大学
教育学部
3.5
立教大学
コミュニティ福祉学部
3.5
関西大学
システム理工学部
3.5
法政大学
文学部(日本文学)
3.8
東京学芸大学
教育学部
4.0
同志社大学
法学部
4.0
上智大学
総合人間学部
4.0
早稲田大学
社会科学部(社会科学科)
4.0
慶應義塾大学
文学部
4.1
明治大学
農学部
4.3
慶應義塾大学
看護医療学部
4.5

出願要件となる評定平均の基準は大学・学部によってさまざまで、GMARCHや上位国公立大学の中には3.5あれば出願できる学部もあります。
もちろん、この評定平均が高ければ高いほど、難関大学に出願できるチャンスも広がります。

さらに、通っている高校に指定校推薦枠がある場合、評定が高ければ指定校推薦をもらえる可能性も高くなります。

しかし、評定平均(=高1の1学期から高3の1学期までの内申点の平均)を上げるには、高1の最初から良い成績を取り続けていく必要があります。中学生で成績が振るわなかった生徒さんが、高1になった途端に急に良い成績を取れる確率は極めて低いですよね。
ですので、中学の定期テスト対策は、実は将来の大学受験にも大きく影響してしまうのです。

受験生になってから後悔することのないよう、定期テスト対策にはしっかりと取り組むことがおすすめです。

定期テスト対策、
最適な勉強のやり方とは?

では、定期テストで良い点数を取るために最も重要なことはなんでしょうか。
それは、自分の学校に合わせた定期テスト対策をするということです。

定期テストの内容は、各学校の授業進度やレベル、使っている教材によって異なります。
100校の高校があれば、100通りの定期テストが存在します。
そのため、定期テストの対策は通っている学校の内容に合わせた対策をしなければいけないのです。

集団形式の塾・予備校で対策は難しい

では、定期テストの対策は一体どうやって行えばいいのでしょうか?
一般的には、塾や予備校が候補として挙げられます。

しかし、塾や予備校に通うことが成績を上げるために一番効果的な対策なのでしょうか。

ほとんどの集団塾のカリキュラムは、年間を通してあらかじめ決まっており、通っている学校の定期テストの傾向に合わせた対策はしてくれません。

つまり、生徒さんが塾のカリキュラムに合わせて勉強する必要があります。

ですので、集団塾に通っても、
「学校の進度と全く違う」
「定期テストには関係ない問題を解いている」

という状況にほぼ100%陥ります。

ですので、もし定期テストの点数を伸ばすことが目的の場合、
集団塾や予備校は最も効率的な対策とは言えません。

定期テスト対策、
最適な選択肢とは?

塾・予備校が定期テスト対策に合っていないとすると、一体どうすればいいのでしょうか?

結論をお伝えすると、成績が伸び悩んでいる私立のお子さんの場合、教える側が、

①生徒さんの高校(進度・レベル・テスト問題)に合わせた対策ができること
②1対1のマンツーマンで指導できること

これが成績を上げられる条件となります。
1対1で生徒さんの学校に合わせて指導ができる講師に定期テスト対策をしてもらうのが一番効果的なのです。

メガスタの
定期テスト対策とは?

では実際にメガスタの講師ができることを、具体的にご紹介します。

1学校で使用している教科書、問題集、プリント等の教材を使って指導します

塾での授業は、塾側が用意した教材を用いて指導をするケースがほとんどです。
ですが、私立校に通うお子さんの場合、学校で使っている教材で指導しないと成績は上がりません。

メガスタの指導は、基本的にお子さんが普段学校で使っている教材を使って指導します。

なぜなら私立の場合、定期テストの問題がこれらの教材から出題されているからです。そのため、日々の授業内容に沿ってきちんと対策をすれば、定期テストも満点近く取れます。

2学校の授業を完全に理解させます

「苦手科目が解消されていない」
「部活で勉強する時間が取れない」

などの悩みを抱えるお子さんの場合、どうしても学校の授業についていけない状況に陥りがちです。
そういう状況では、定期テストで満足のいく点数を取るのは難しいです。

そういう生徒さんの場合、まずは家庭教師が学校の授業の内容を完全に理解させます。
また、必要があれば前の学年の内容までさかのぼって指導していきます。

3定期テストの出題傾向を踏まえて指導します

さらに、定期テストの直前期には、前回のテストの内容も確認し、出題傾向に沿って指導します。テストに出やすい箇所を集中的に対策するので、何を重点的に勉強すればいいかが絞り込まれます。そのため、お子さんは万全の体制で定期テストに臨むことができます。

私たちメガスタは、これまで数千名以上の生徒さんの点数を上げてきました。
ですので、定期テストの点数上がらずに悩んでいる方や、推薦を考えている方に、今後どうするかを考える上でお役に立てると思います。

「メガスタについて詳しく知りたい」という方は、まずは資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

祝推薦入試・
内部進学合格!
生徒さんの体験談
メガスタで成績を上げ、見事推薦入試で合格された生徒さんの体験談のほんの一部をご紹介します。

  • 推薦 合格

    「指定校で北里大学に
    合格!」
    「英語の苦手意識を克服!」

    【合格校】北里大学看護学部 合格
    カリタス 三田様

    mita
  • 内部進学 合格

    「総合順位7000番
    から4000番に上がった!」

    【合格校】日本大学文理学部 合格
    日大鶴ケ丘 萩原様

    ご家庭から
    直筆の喜びの声をいただいています

  • 内部進学 合格

    「安定して評定平均
    4~5が取れるように!」

    【合格校】日本大学理工学部 合格
    日大三高 堤様

    ご家庭から
    直筆の喜びの声をいただいています

※ご紹介の体験談は個人の体験談であり、
成果を保証するものではございません。

メガスタの定期テスト対策で、
点数が上がった
生徒さんの体験談

メガスタでは、今までそれぞれのお子さんの学校の特徴に合わせた対策をし、多くのお子さんの定期テストの点数を上げてきました。ほんの一部ですが、その成果をご紹介いたします。

「言われたとおりに勉強 したら、結果が出た!半年で成績がぐんと伸びた!!」

日大豊山小林郁貴さん

「数学34点から80点に!46点もアップ!オンライン指導のおかげです!」

東京女学館山本さん

「数学は25点アップ!学年順位も大きく上がった!」

東海大浦安T.Kさん

「苦手だった算数が24点から80点まで伸びました!」

開智佐々木さん

前回を上回る定期テストの点数を保証します
メガスタの「成績保証制度」とは?

また、私たちメガスタでは、「成績保証制度」をご用意しています。

指導科目の定期テストの点数が、万が一前回テストより上がらなかった場合、通常授業1ヶ月分(例:週1回指導(月4回)コースの場合は4回分)の追加授業を無料でお受けいただけます。
これまで数多くの私立の生徒さんの成績を上げてきた、私たちメガスタだから出来る保証制度です。

成績保証の対象や
適用条件

保証内容
通常授業1か月分と同時間分の追加授業を無料
成績保証対象の
コース
オンライン指導を1コマ80分、もしくは1コマ100分のコースにお申込みの方。※講師がご自宅に伺う訪問型指導の場合は、1回120分のコースにお申込の方のみ適用(1回90分コースの方は対象外です)。
成績保証対象の
教科
メガスタの家庭教師に指導を受けている教科のみが対象です。
成績保証の
適用条件
  • 次回定期テストまでに6回(6コマ)の授業を受講していること。
  • 事前に①前回定期テストの結果、②定期テストの日程を、担当教務に共有いただいていること。
  • 担当講師から出された課題をこなしていること。
  • 前回定期テストの結果が80点未満(100点満点の場合)であること。
  • お子さんの学年が中学1年生~高校3年生であること。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタは私立校のカリキュラムに詳しい日本最高レベルの講師陣と全国の私立校に通う生徒さんを、日本で唯一、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
私立校の対策は
私立専門メガスタに
お任せください!!

  • 塾に通っているのに結果が出ていない
  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テスト対策ができていない
  • 近くにいい塾がない
  • 内部進学基準に届いていない

そんな悩みを抱えている方は、先ずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!