選りすぐりの家庭教師がご紹介
獨協中学校・高校 国語の定期テスト対策

このページでは、獨協の国語についてお話しています。
定期テスト対策や、獨協の国語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

獨協中学・国語 教材

自宅学習用の教材

中学では、自宅学習用に『シリウス』という教材が配布されます。こうした自主教材は、随時提出が求められるので、計画的に取り組むようにしておくと良いでしょう。中1の期末テストには、自主教材の書写の点数が10点分プラスされます。

中2からは古典の学習が始まります。『解析古典文法』『漢文必携』という教材を使用します。

獨協高等学校・国語 授業(現代文)

分からないとこはその都度質問しよう

現代文では、高1から模試・大学入試問題の演習・解説を行っています。高3の現代文の定期試験は、授業内の問題ではなく、GMARCH以上の大学の過去問が数字などを変えて出題されます。

授業自体が大学受験に直結した内容になっており、その分、内容も高度なので、分からなかったところには印をつけ、その都度質問して、解決していくことが大切です。

獨協高等学校・国語 授業(古典)

自分に合った暗記の仕方を見つけよう

古典の定期テストでは、古文・漢文が一緒に出題されます。古文70点、漢文30点の100点満点です。古文は定期テストだけでなく、単語集から小テストも行われます。この小テストも平常点として、成績に加味されます。古文では、入試において、語彙力が重要なポイントです。暗記の仕方を身につけ、継続的に語彙を増やしていきましょう。

獨協高等学校・国語 授業(国語表現)

論理的な文章の書き方を身につける

高3になると、「国語表現」の授業が始まります。小論文を扱う授業で、医師系学部の小論文・医系以外の小論文に分かれます。論文は毎回提出し、提出された小論文が評価対象です。定期試験はないので、課題を毎回しっかりこなしていくことが重要です。

小論文を書く際には、論理的に文章をつなげていくことが必要です。新聞を読んだり、文章の要点をまとめる練習をしたりして、論理的な文章の書き方を身につけましょう。

獨協中学・国語 評価・学習ポイント

計画的に勉強に取り組もう

中3からは、国語Aで文法テストが週1回、実施されます。また、長期休み中の課題や普段の課題の提出状況なども評価対象になるので、課題は計画を立てて進め、確実に締切に間に合うように提出しましょう。

国語Bでは中間・期末が7割、「表現」の平常点が3割で評価されます。宿題テストやノートのチェックもあるので、定期テスト直前の対策だけでなく、日ごろの勉強にもきちんと取り組むことが大切です。

ご家庭からの体験談

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 獨協のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 獨協で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

獨協のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、獨協のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、獨協で成績を上げるには、「獨協に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの獨協のお子さんを指導してきました。ですので、獨協の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

獨協に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら

学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

  • 東京23区
  • 東京都下
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
ページトップへ