選りすぐりの家庭教師がご紹介
獨協中学校・高校 数学の定期テスト対策

このページでは、獨協の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、獨協の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

獨協中学・高校・数学 使用教材・問題集

教科書は体系数学

体系数学

獨協中学・高校の教科書は、『体系数学』『体系数学問題集』を使用しており、授業は「幾何」と「代数」に分かれています。定期テストも同様です。少し前まで獨協独自の教材 を使っていた影響で、教科書の順番通りに授業が進まなかったり、教科書に載っていないような問題(例:2進法)を習ったりすることがあります。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

代数は『数学Ⅰ・A』

代数では、教科書『数学Ⅰ・A』、『アドバンス数学Ⅰ+A』、『FocusGold数学Ⅰ+A』を使用しています。

高校は学年ごと

高1で『詳説数学』『基本と演習のテーマ数学』、高2で『クリアー数学演習』、高3で『フォーカスゴールド』『演習共通プリント』などを使用しています。

獨協中学・高校・数学 テスト

定期テストは問題集から出題

定期テストは、ほぼ『体系数学問題集』から出題されます。数字を変えても解けるように、問題集を繰り返し解き、解き方をしっかり身につけておきましょう。

テスト対策は計画的に

単元ごとの小テストや、長期休みごとの宿題テストが行われます。実施される日程は大体決まっているので、直前になって慌てないよう、計画的に対策を進めておくことがポイントです。

獨協中学・高校・数学 テスト(代数)

記述に慣れよう

代数では、定期テストは、前半は計算問題、後半は証明問題や図形問題の応用が出題されます。考え方を記入することが求められるので、途中式や証明の過程などを書けるよう練習しておくことが大切です。

獨協中学・高校・数学 テスト(幾何)

証明の原点に注意しよう

幾何の定期テストは全て図形問題で、大問1・2は基本問題、大問3~5は証明問題になることが多いです。仮定・結論・証明をすべて解答する必要があります。特に、証明では不足があると減点対象になるので、重点的に対策しておきましょう。

獨協中学・高校・数学 学習ポイント

日頃の授業を大切にしよう

成績は定期テストの点数だけではなく、演習プリントの取り組みや、ノートの提出、数学演習Ⅰではレポートも加味されます。日ごろから学校の授業にきちんと取り組み、課題は期限内に提出しましょう。

獨協のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、獨協のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、青山学院中高で成績を上げるには、「獨協に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの獨協のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が獨協に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 獨協のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 獨協で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


獨協に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ