法政大学中学校・高校
学校の特徴・カリキュラム

法政大学中学校・高校 校風・特徴

付属校の強みを生かした教育

法政大学は、「学ぶ喜び・誠実・礼儀・キャリアクリエーション」を校訓として、「自己発見・自己実現の喜びを実感し、国際社会で通用する人間性を培う」教育を目指しています。大学付属校という環境を存分に生かすことで、自由な発想でさまざまなことに取り組み、大学・将来を見すえた学びと両立させ、将来の進路を切り拓きます。

法政大学中学校・高校 カリキュラム

個々に合わせた教育

中高6年間を「基礎力養成」と「高度教育」の2プログラムで構成する独自の「2-2-1-1システム」を採用しています。中1・2を「ファーストステッ プ」、中3・高1を「セカンドステップ」、高2を「高度教育プログラム」、高3を「高度教育プログラム2・高大連携プログラム」とし、発達段階に合わせた 教育を行います。

中学では、「基礎学力と学習習慣の確立」を目指し、英数国の3教科に重点的に時間を配分しています。なかでも英語は、中1・2の間、少人数制授業を実施し、生徒一人ひとりに目を配るきめ細やかな指導を行います。

文・理に縛られない

文系・理系には分かれず、多彩な選択科目から進路に合わせて履修する科目を選ぶことができます。その際は文・理を融合させることも可能です。また、選択授業の中には入門編として、大学進学後の学習を先取りできるものもあります。

法政大学中学校・高校 学習ポイント

独自の科目はノートをしっかり取ることがポイント

高大連携プログラムや高度専門職への入門プログラムが実施されます。
法政大学独自の科目の対策は、塾や市販の問題集では難しいため、授業中にしっかりノートを取って、後から見て先生の説明が思い出せるようにしておくことがポイントです。

日々の予習復習が大切です

先取り学習を取り入れており、数学は中2の2学期、国語と英語は中3の1学期から高校の内容に入ります。そのため、授業の進度が速くなっています。授業についていくためには、法政大学のカリキュラムに合わせて、日々の予習・復習をしっかり行うことが大切です。

法政大学中学校・高校 学習支援

補習講座と学習支援室を活用しよう

法政大学では学習のフォローが充実しており、週1回、補習講座が開講されたり、分からないところを自由に質問できる学習支援室が設置されたりしています。
こういった機会を積極的に活用し、分からないところは早めに解決する習慣を身につけることが重要です。

法政大学中学校・高校 大学進学

8割が内部進学

8割以上の学生が推薦で法政大学へ進学します。法政大学への推薦入学資格を得るために、高校3年間の総合成績、英語資格試験・国語基礎力・確認テストで法政大学が定める基準を満たすことが必要です。また、英語資格試験の基準は英検2級、そのほかTOEIC Bridge、GTEC、TOEFLについても同様な基準があります。

また、本校では法政大学の推薦権を保持し、他の国公私立大学を受験することもできます。生徒一人ひとりの進路選択を、教員がサポートします。

早慶合格者も

内部以外は早稲田大学・慶応義塾大学・明治大学・上智大学などの有名大学にも進学しています。また、東京理科大学や東京薬科大学などの、理系の大学の合格者もいます。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 法政大学のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 法政大学で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

法政大学のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、法政大学のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、法政大学で成績を上げるには、「法政大学に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの法政大学のお子さんを指導してきました。ですので、法政大学の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

法政大学に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ