海城中学・高校
学校の特徴・カリキュラム

海城中学校・高校 特徴

御三家・早慶に次ぐ難関校

海城は、中学受験では、御三家・早慶に次ぐ難関校の1つです。
毎年、東大・東工大などの難関国公立大や早慶クラスの私大へ多くの合格者を輩出しています。

また、海城は高校受験でも最難関レベルの学校です。高校に入ると、内部生は受験を経験している外部生と一緒に授業を受けることになります。内部生は、外部生との学力差をつくらないためにも、自主的に勉強を進めることが不可欠です。

海城中学校・高校 授業

主要3科目の授業数は多い

海城では、難関大学合格のための基礎学力を定着させることを目的とした授業を行っています。そのため、英語・数学・国語の授業数が多いことが特徴として挙げられます。

ただ、進度が速い上、学校側からの成績不振者への学習フォローはありません。上位の成績を取るためには、自主的に勉強することが重要です。

海城中学校・高校 カリキュラム

中高6年間を3つに分けたカリキュラム

海城は6年間を3つのステージに分けた位置づけをしています。
中1・2は「学習習慣を確立する」、中3・高1は「基礎学力を確立する」、高2・3は「大学受験にも対応する学力を完成する」です。習熟度別授業は行っていません。

高校の授業は大学受験に対応できるよう、演習形式の授業を行っています。

海城中学校・高校 補習・講習

指名制の補習は定期テスト40点以下の生徒のみ

補習は、以下の2種類があります。

(1)指名制の補習
 定期テストの点数が40点以下の場合に指名されます

(2)希望制の補習
 もっと学力をアップしたい場合に受講できます

補習は、放課後に行われます。定期テストで平均以上を取っていれば(1)の補習に呼ばれることはないので、 定期テストではいつも平均点以上の点が取れるよう対策をしましょう。

海城中学校・高校 内部進学

中3の1学期の成績が重要に

次のいずれかの成績をとると、内部進学が出来なくなってしまいます。

・中3・1学期の成績で、下位3.6%まで(下から数えて11番目)に
 なっている科目が、5科目中2つ以上ある
・中3・1学期の成績で、40点未満(赤点)が2科目以上ある
・中3・1学期の成績で、9科目の平均が55点以下である

海城中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、海城中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、海城中学・高校で成績を上げるには、「海城中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの海城中学・高校のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が海城中学・高校に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 海城中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 海城中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


海城中学・高校に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ