選りすぐりの家庭教師がご紹介
海城中学・高校 英語の定期テスト対策

このページでは、海城中学・高校の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、海城中学・高校の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

海城中学・高校・英語 教材

中学では『ワンワールド』や『Keyワーク』等を使用

海城中学では、教科書は『One World English Course(以下ワンワールド)』、問題集は『ニューリスニングプラス』『Keyワーク』『ペンマンシップ』を使用しています。
他にも、NHKのラジオ講座による家庭学習を推奨しています。

『Keyワーク』は、学習塾の教材として作成された問題集ですが、今は様々な私立校で使用されています。
英語の『Keyワーク』は、学習語彙数の増加に対応して、スパイラル形式で語句練習を補強しています。


『Keyワーク』の詳しい情報はこちら→

高校では『INSPIRE』、『Genius』を使用

高校では、英文法の授業では『INSPIRE』を、総合英語の授業では『Genius』を使用しています。

海城中学・高校・英語 授業

中学では復習プリントが宿題になる

中学では、授業ごとに、復習プリントの宿題が出されます。この宿題は、次の日までに提出しなければなりません。また、授業では、毎回、単語の小テストが行われます。学校のある日に宿題と小テストの勉強の両方をするのは大変なので、小テストの勉強は土日のうちにしておきましょう。

高校では単語テストがある

高校では、「英文法」と「総合英語」で授業が分かれています。
総合英語の授業では、週に一回20点満点の単語テストが実施されます。

海城中学・英語 定期テスト

問題はリスニングと筆記で分かれている

テストはリスニング問題がNHKのラジオ講座、『ニューリスニングプラス』から、主に出題されます。筆記問題は『ペンマンシップ』『Keyワーク』『ワンワールド』から出題されます。

単語問題はリスニング、筆記どちらでも出題されるので、何度も練習し、音読して、聞いたり書いたりできるようにしておきましょう。
また、テストには応用問題も出題されます。応用問題は一部しか出題されないため、まずは教科書や問題集を繰り返し演習し、身につけましょう。

海城高校・英語 定期テスト

初見問題は1割、ほとんどはテキストから出題

高校では、「英文法」のテストはほとんどテキストが出題されます。1割だけ初見問題が出題されます。
「総合英語」では、リスニング・文法・長文とすべての項目が出題されます。長文・文法は教科書の内容から出題されます。

問題量が多いため、考え込んでいると時間が無くなります。何度も演習や音読を繰り返し、テキストの内容を暗記してしまいましょう。

海城中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、海城中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、海城中学・高校で成績を上げるには、「海城中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの海城中学・高校のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が海城中学・高校に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 海城中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 海城中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


海城中学・高校に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ