慶應志木
学校の特徴・カリキュラム

慶應志木 学校の特徴

自由を重視した校風

慶應志木は、自由・自主性を重視している、慶應大学の付属高校です。 ほぼ100%の生徒が慶應大学へ推薦入学することができますが、希望の学部へ進学できるかは、学年の成績順で決まります。

慶應志木 授業

独自のカリキュラムで講義形式の授業

慶應志木の授業は、独自のカリキュラムに沿ってハイレベルな内容が展開されています。予習・復習はしていることが前提で進みます。また、教科書を使わない講義形式の授業も多く、大学の教授が授業を担当することもあります 。

慶應志木 カリキュラム

フォローはほとんどなし

慶應志木では慶應志木では各クラスのトップに合わせた授業のため、ついていくことができない生徒さんも多いようです。ですが、補習などのフォローはほとんど行っていないため、自主的に学習することが求められます。

慶應志木 成績評価

テストの点数以外も評価に

評定は慶應志木は10段階評価で、6は履修目標に達したという数字、3が最低評価とされています。
評価は、定期テストの点数だけが反映されるわけではありません。提出物や、授業内の態度なども評価に加わるので、普段から注意しましょう。

慶應志木 進級

進級基準は2種類で4つ

慶應志木の進級基準は、「学業成績」と「出席状況」で決まります。
以下の場合に一つでもあてはまると、進級できません。

学業成績の場合
1.学年末の全科目の総合評点が6×科目数より少ない
2.学年末の評価が、評価3を1、評価4を0.5と計算し、合わせて2.5を超える

出席状況の場合
1.正当な理由なしで全体として遅刻・欠席・早退が多い
2.正当な理由があっても、出席すべき総時間の3分の1以上を欠席している

慶應志木 内部進学

希望の学部へ進学できるかは、学年の成績順

医学部や法学部などの人気の高い学部へ推薦入学したい場合は、高1のうちから上位の成績をとることが重要です。 とくに医学部の場合、学年順位が10位以内でないと合格できません。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 慶應志木のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 慶應志木で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

慶應志木のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、慶應志木のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、慶應志木で成績を上げるには、「慶應志木に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの慶應志木のお子さんを指導してきました。ですので、慶應志木の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

慶應志木に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ