明大中野中学・高校
学校の特徴・カリキュラム

明大中野 特徴

文武両道の伝統がある学校

明治大学付属中野は、「質実剛健・協同自治」を校風とし、「生徒の個性と能力に応じた教育」と「心身ともに健全な人間の育成」を目指しています。
「理解」・「表現」・「志向」・「創造力向上」を重視し、独自のカリキュラムで学習を進めています。

また、「文武両道」の伝統があり、大変厳しい校則が特徴です。90%の生徒が部活動に参加しています。

明大中野 カリキュラム

授業以外に豊富に用意された100以上の講座

明大中野では、授業以外にも学力や技術を養う100以上の講習があります。中高ともにあり、主要5科目以外にも、デッサン授業や簿記講座などがあります。
その中で、毎年高1を対象にした「明治大学特別進学講座」が開かれています。この講習で、明治大学を知り、明確な将来像が築けます。

明大中野 授業進度

進度の速い先取り学習、独自のカリキュラム

明治大学付属中野の教育は6ヵ年一貫教育で、中高ともに週6日制を取っています。高2より、理系・文系に分かれた授業を行いますが、履修科目に共通性を持たせるために、国・数・英の3教科は必修となっています。

明大中野の授業は、先取り学習となっているため、進度が速くなっています。
そのため、分からないところをそのまま残さず、授業の内容をその都度、理解していくことが大切です。
毎日、予習・復習を継続的に行う学習習慣を、早いうちに身につけておきましょう。

明大中野 内部進学

5.5以上の評定と英検3級で、内部進学できる

明大中野高校へ内部進学するには、中3の成績の平均が、10段階中5.5を満たす必要があります。成績は、10段階で評価され、定期テストの点数と平常点で決まります。定期テストの点数と平常点の割合は、9:1と、定期テストの割合が大きいため、一回一回の定期テスト対策をしっかり行い、高得点を目指すことが必要です。

また、同時に、内部進学には英検3級の取得も必須です。学校での英検講習もありますが、直前になって慌てないように、家庭でも自主的かつ計画的に対策をしておきましょう。

明大中野 大学推薦

内部推薦は「内申点」と「明推テスト」が関わる

明大中野では、全員が推薦をもらえるわけではありません。留年生や退学者も多く、毎年50人ぐらいの生徒が推薦をもらえないようです。

推薦基準は年によってさまざまです。平均的には、10段階評価中の6.5前後ですが、7.5程度をとれれば、どの学部でも入れるでしょう。
推薦に関わるのは、定期テストや平常点を加味した「内申点」と「明推テスト」の点数です。内申点は推薦の成績の75%を占めます。

ただ、商学部を希望する生徒は、上記の二つ以外に、センター試験受験が必須です。

明大中野高校 明推テスト

明推テストは、毎年傾向が異なる

明推テストとは、『センター試験模試』のことで、高2で1回、高3で2回の計3回、実施されます。明推テストの結果は推薦の成績に大きく影響するので、しっかり対策を行いましょう。

ただ、明推テストは、学校ではなく業者が行っているテストです。しかも、毎年異なる業者のテストを使用しているため、傾向がつかみにくいのが問題点です。そのため、明推テストの得点率は、定期テストに比べると下がりがちです。
出題傾向に絞って対策をすることが難しいので、基本的な問題をまんべんなく解ける実力を計画的に養っておきましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 明大附属中野のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 明大附属中野で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

明大附属中野のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、明大附属中野のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、明大附属中野で成績を上げるには、「明大附属中野に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの明大附属中野のお子さんを指導してきました。ですので、明大附属中野の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

明大附属中野に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら

学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

  • 東京23区
  • 東京都下
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
ページトップへ