選りすぐりの家庭教師がご紹介
明大中野中学・高校 英語の定期テスト対策

このページでは、明大附属中野の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、明大附属中野の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

明大中野・英語 教材

中学の教科書は『NEW TREASURE』を使用

明大中野中学の授業は、教科書を『NEW TREASURE』、その他教材として、『キーポイント』や『シリウス』を使用します。

提出物としては、文法問題集の提出があります。
また、小テストの出題内容は『単語テスト』『活用の確認テスト』がありますが、いずれも不定期に行われます。

内申点の基準は、定期テスト90%、小テスト+提出物等の平常点10%となっています。

明大中野中学・英語 授業

中学英語は、単語テストが豊富

明大中野の英語は、中1・2は、クラスを2分割して少人数制の授業、中3からは習熟度別クラスでの授業となります。

授業の内容はハイレベルな上、進度が速いのが特徴です。一度遅れてしまうと取り戻すのが難しいので、毎回の授業で分からないところを残さないようにしましょう。習ったその日のうちに、プリントや問題集などで復習することが大切です。

また、単語の小テストが頻繁に行われます。覚えなければならない単語数が多いため、苦労するお子さんも少なくありません。早めに暗記の仕方を身につけておきましょう。
ショートテストでは追試があり、その後、指名講習があります。さらに英語では、中2・3でGTECを受験するなど、学習の成果を図る機会が頻繁に設けられています。

明大中野中学・英語 定期テスト

自分で、間違えた問題を復習することが大切

明大中野中学の定期テストは、年5回実施されます。試験時間は60分です。

英語1はニュートレジャー中心で、リスニングも授業でやっている文章や会話から出題されています。
ニュートレジャーのキーポイントから20%出題、リスニングで20%、文法や単語(活用)の問題から30%、教科書等の文章から30%の出題範囲となります。

基本的に教科書、問題集をしっかりこなしていけば、平均点以上取れるテスト内容となっています。

明大附属中野のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、明大附属中野のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、明大附属中野で成績を上げるには、「明大附属中野に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの明大附属中野のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が明大附属中野に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 明大附属中野のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 明大附属中野で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


明大附属中野に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ