選りすぐりの家庭教師がご紹介
武蔵中学・高校 英語の定期テスト対策

このページでは、武蔵中学・高校の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、武蔵中学・高校の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

武蔵中学・高校・英語 授業

「使える英語」を身につける独自のカリキュラム

武蔵の英語の授業は、1クラスを2分割した小人数制クラスで行われます。英語の授業では「使える英語」を身につけさせることを目的とし、全学年を通して「読む・書く・聴く・話す」の4つの力をバランス良く伸ばす指導を行っています。また、授業にCALL (Computer-assisted language learning) を取り入れるなど、先進的勉強法の導入にも積極的です。
主な使用教材はNEW TREASURE(教科書・問題集)、・Breakthroughです。

語彙力の育成にも力を入れたカリキュラム

学年が上がるごとに段階を踏んでレベルアップしていく独自のカリキュラムを採用しています。
中1ではフォニックス(つづりと発音の関係)、中2では多読、中3ではコンピュータを利用したリスニング練習・英文作成技術を中心に取り組み、高校に入ると、高度な英文解釈・文法・英作文を主に学びます。

語彙力の育成にも力を入れているので、自分に合った暗記の仕方を早めに身につけ、計画的に語彙を増やしていくようにしましょう。
また、ネイティブ・スピーカーの授業ではスピーチ・ディベートなどを行い、実際に海外で使える表現を学習します。

武蔵中学・高校・第二外国語 授業

第二外国語は自主学習が重要

武蔵の特徴は第二外国語の学習です。中3から週2時間、ドイツ語・フランス語・中国語・韓国朝鮮語の中から自由に選択した第二外国語を学習します。
毎年、履修者の中から優秀な生徒が十数名選抜され、約2カ月間、各言語の話されている国へ短期留学します。留学期間中は、約6週間はホームステイをしながら提携校に通学、その後は約2週間、個人旅行ができます。
第二外国語のカリキュラムは、塾などでは対策がしにくくなっています。分からないところを残さないよう、その日のうちに復習するようにしましょう。

武蔵中学・高校・英語 定期テスト

幅広い分野が大量に出題される

武蔵の定期テストは、リスニング、発音、熟語、空欄補充問題、並び替え問題、英作文など、様々な種類の問題が出題されています。
高校に入ると、語句の知識も大切ですが、文脈から語句の意味を推測する、という能力も求められるようになります。
問題数は多いですが、試験時間は50分です。最後まで行き着かないお子さんが多くいらっしゃいますが、わからない問題はなるべく飛ばし、とにかく最後の問題まで目は通すようにしましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 武蔵中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 武蔵中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

武蔵中学・高校の喜びの声
ご家庭から体験談

「学年トップの成績をキープ!」
「鉄緑会より分かりやすい熱心な指導」

武蔵 1年東京都 R.Sさん(お母さまより)

中学受験のときから先生にお世話になっていますが、本当に熱心に教えていただきありがたいです。
鉄緑にも通っていますが、どうやら子供との相性はH先生の方が合っているようです。
実際に、息子もH先生のほうが鉄緑の先生より分かるといって尊敬しています。
成績は当然トップをキープできています。ありがとうございました。今度は、兄をお願いしようと思っています。
その他にも多数喜びの声を頂いています →

武蔵中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、武蔵中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、武蔵中学・高校で成績を上げるには、「武蔵中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの武蔵中学・高校のお子さんを指導してきました。ですので、武蔵中学・高校の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

武蔵中学・高校に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ