選りすぐりの家庭教師がご紹介
日本女子大学附属 数学の定期テスト対策

このページでは、日本女子大附属の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、日本女子大附属の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

日本女子大学附属・数学 使用教材

教科書は数研の教科書と『体系数学』を使用

taikei

日本女子大学附属の数学は、教科書は数研出版の『体系数学』を使用しています。問題集は完成ノートを使用し、さらに授業では先生の配布するオリジナルプリントを使用して進みます


『体系数学』は、検定教科書とは異なった順番でカリキュラムが組まれています。また、検定教科書では扱われていないような問題も扱っているため、量が多く、授業自体も進度が速く進められることが多いです。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

日本女子大学附属・数学 授業

宿題は新中問のプリント

日本女子大附属の宿題は、問題集の問題から抜粋された、復習用のプリントが毎回3枚、出されます。
次の授業で提出し、内容を確認する小テストが実施されます。小テストでは、プリントの内容が出題されます。
小テストや宿題提出も、数学の平常点に関わってきます。毎回期限内に提出し、小テストでも高得点が取れるように、対策をしておきましょう。

日本女子大学附属・数学 定期テスト

定期テストの出題は、ほとんどが記述式

日本女子大学付属の数学の定期テストは、問題集(完成ノート)と先生配布のプリントから出題されます。

出題割合はプリント7割:完成ノート3割程度なので、プリントの内容をしっかり理解すれば平均点以上とることができます。
また単元名が教科名になっているという特徴があり、満点がテスト毎に変わります。(因数分解は100点満点だったが平方根は50点満点など。)
日本女子大学附属の数学の定期テストは問題数が多いので、スピーディーに、かつ正確に解くことが大切です。
家で演習を繰り返し、完全に解けるようになるまで何度も解き直しをすることが大切です。問題集用のノートと別に、やり直しノートを作成すると、見直しがしやすくなります。

日本女子大附属のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、日本女子大附属のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、青山学院中高で成績を上げるには、「日本女子大附属に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの日本女子大附属のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が日本女子大附属に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 日本女子大附属のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 日本女子大附属で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


日本女子大附属に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ