聖学院中学校・高校
学校の特徴・カリキュラム

聖学院 校風・特徴

国際教育を重視

聖学院は、キリスト教(プロテスタント)精神に基づく人間教育と英語教育・国際教育に軸をおいています。
豊かな人間性と倫理観、高い国際性とコミュニケーション能力を備えた人材の育成を目指しています。

聖学院 カリキュラム

「Advanced Class」と「Regular Class」の2コース

聖学院では、「Advanced Class」と「Regular Class」の2コースがあり、「Advanced Class」は、「特待選抜入試」に合格した生徒のみで構成されています。
難関国公立大・医学部、難関私立大(早慶上理、GMARCH、ICU)への進学を目指し、ハイレベルな学習を行っています。
一方、「Regular Class」は「一般入試」に合格した生徒と「特待選抜入試」で合格した生徒で構成されています。
一人ひとりの理解力を見ながら指導し、志望大学に進学できる学力を養います。

中2からグレード別授業を展開

中2になると、グレード別授業を展開し、グレード別に到達目標を掲げています。また、中2・中3ではアドバンスクラス(5つのレベル別授業)が設置され、高1からは選抜クラスが編成されます。
また、習熟度別の授業も実施していて、英語は1年から、数学は3年から習熟度別になります。

聖学院 補講

夏期勉強合宿の実施

聖学院では、授業以外に夏期勉強合宿・サマーセミナーを実施しています。合宿とセミナーでは、学年と目的に応じたカリキュラムとなっています。こういった聖学院独自のプログラムを利用し、計画的に実力を養っていくことが重要です。

聖学院 定期テスト・宿題

早いうちに学習のリズムをつかもう

聖学院は入学当初から宿題や小テストが多く、苦労するお子さんが多い学校です。
特に長期休みの宿題は量が多いので、始業式前に慌てて勉強するのではなく、計画的に進めていくことが大切です。
2学期の中間くらいまでになんとか自分の学習リズムをつかみ、上手に宿題をこなせるようにしていきましょう。
宿題を理解してこなせるようになれば、定期テストでも良い点数が取れるようになります。宿題をこなせるようになってから、プラスアルファの学習に取り組んでいくのが聖学院での成績を上げる近道になります。

聖学院 学習ポイント

予習を欠かさない

聖学院はどの科目も進度が速く、プリントや問題集も多用しています。特に、英語・数学は進度が速くなっていますので、予習は欠かせません。
分からない単元・科目を分からないままにして進んでいくと、まったく授業が理解できなくなります。ですので、理解があいまいな部分は、その都度解消していくことが大切です。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 聖学院のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 聖学院で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

聖学院のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、聖学院のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、聖学院で成績を上げるには、「聖学院に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの聖学院のお子さんを指導してきました。ですので、聖学院の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

聖学院に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ