選りすぐりの家庭教師がご紹介
湘南白百合中学校・高校 数学の定期テスト対策

このページでは、湘南白百合の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、湘南白百合の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

湘南白百合・数学 使用教材・問題集

教科書は数研出版の『体系数学』、『数学』シリーズ

taikei

湘南白百合中学の教科書は、主に『体系数学』を使用し、その他に、『体系問題集』も使用しています。

体系数学では、公立校の教科書と比較すると、量が多いです。また、先取りでカリキュラムが進むことも主な特徴となっています。

解説は丁寧ですが、量が多いため演習に時間を割けない可能性もあります。自ら、演習問題を繰り返すなど、定期テストや入試で点数が取れるようにしましょう。

理解不足のままでは、どんどん分からなくなってしまいます。先生などに聞く習慣を付け、理解できるまで学習しましょう。

中学3年の途中から授業が高校の内容を学ぶとともに、教科書も数研出版の『数学』シリーズに切り替わります

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

湘南白百合・数学 授業

「代数」と「幾何」を分けて授業

湘南白百合の数学の授業は、代数・幾何の授業に分かれていて、代数は週に3コマ、幾何は週に2コマ実施されています。代数も幾何も、教える先生は同じで、テストも同じ時間に実施されます。

中3と高1ではそこからさらに習熟度授業が実施されます。Aクラスは基礎を定着させた後、発展的な内容も学びます。Bクラスは主に復習に時間を割きながら授業が進んでいきます。さらに高2・高3時には選択制となり文系理系に分かれます。

教科書中心の授業形態

湘南白百合の数学の授業は教科書中心に行われます。授業では例題、練習問題までしかやらず、確認問題や演習問題A・Bはほとんどやりません。そのため、残りの問題は自力で解く必要があります。

湘南白百合・数学 定期テスト

定期テストは問題集から出題

数学の定期テストは、主に教科書から6割程度、体系問題集から3割、残りが初見問題の出題傾向となっています。
教科書・問題集から出題されるとはいえ、まったく同じ問題は出されず、数字が変わっていたり、出題の切り口が変わっていたりするため、いかに内容を理解しているかがポイントとなります。

また、定期テスト以外にも小テストや提出物、授業態度などが加味されて評価されます。

体系問題集の提出は3週間に1回程度で、1回の範囲は20ページ程です。
まとめてこなすには量が多いため、計画を立てて、少しずつ学習しましょう。

ご家庭からの体験談

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 湘南白百合のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 湘南白百合で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

湘南白百合のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、湘南白百合のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、湘南白百合で成績を上げるには、「湘南白百合に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの湘南白百合のお子さんを指導してきました。ですので、湘南白百合の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

湘南白百合に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ