選りすぐりの家庭教師がご紹介
昭和学院中学校・高校 英語の定期テスト対策

このページでは、昭和学院の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、昭和学院の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

昭和学院・英語 教材

教科書は『NEW CROWN』

昭和学院中学の英語の授業では、三省堂出版の教科書『NEW CROWN』を使用して授業が進みます。の他、準拠のドリルブック、ワークブックもあります。
しかし、ワークは授業ではほとんど取り組みません。

『NEW CROWN』は、公立校、私立校問わず、多くの学校が使用しています。

「自ら学ぶ力を育てる」「他とかかわる力を育てる」「ことばを使う力を育てる」という3点を中心に考え、構成されています。

『NEW CROWN』は基礎から応用まで学ぶことが出来、復習のしやすい教科書です。
苦手な分野が出てきても、根気良く学習しましょう。

昭和学院・英語 課題

宿題はほぼ毎日

宿題はほぼ毎日あるので、学習習慣をつけておかないと苦労することもあります。単語の意味調べとテキスト本文をノートに写すことが、基本的に宿題です。本文英訳が週1回の小テストに10問ほどでるので、その勉強も必要です。
小テストの結果によっては、補習や再試になるので、しっかり得点していけるよう対策しましょう。

昭和学院・英語 学習ポイント

復習体制を整える

昭和学院の英語の授業では、上記のとおり、ワークは授業ではほとんど取り組みません。
しかし、試験前に宿題として出され、そのときに解答も配られます。ただ、試験前にまとめることや、解答を丸写しすることだけでは力は身につきません。毎日、授業があったその日のうちに、復習する体制を整えていきましょう。

授業スピードはそれほど速くありません。予習・復習をする余裕はあるので、家庭学習できちんと行っていきましょう。

ご家庭からの体験談

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 昭和学院のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 昭和学院で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

昭和学院のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、昭和学院のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、昭和学院で成績を上げるには、「昭和学院に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの昭和学院のお子さんを指導してきました。ですので、昭和学院の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

昭和学院に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ