オンライン家庭教師の授業を受けた
ご家庭の感想を紹介します!

一橋セイシン会の「オンライン家庭教師」の授業は、ご自宅と講師をインターネットで繋ぐことで、家庭教師が横について教えるのと同じ授業を受けることができます。
家庭教師が家に来ないので負担も少なく、私立のご家庭からご好評をいただいております。

このページでは、大森さん親子にご協力いただき、オンライン家庭教師の授業はどのようにして行うのか、オンライン授業の様子や感想をご紹介させていただきます。

オンライン授業を受ける様子をご紹介

大森 渚央さん(生徒さん)

大森 渚央さん
(生徒さん)

渚央さんのお母さま

渚央さんの
お母さま

渚央さんもお母さまも、オンライン家庭教師は初めての経験でしたが、どのような形で授業が進むのか、期待も高まります。

実際のオンライン授業の様子をご覧ください

オンライン家庭教師のマンツーマン授業は、「生徒さんの顔(表情)」と「書いている手元」を映すカメラ2台を使って授業が進みます。(顔を映すカメラは、パソコン備え付けのカメラでOKです)

授業開始は、お互い顔を合わせて挨拶から

オンライン授業を開始するときは、まずは生徒さんと講師、お互い顔を合わせて挨拶からスタート。講師の顔と自分の顔がパソコン画面上に映し出されて、実際に対面しているのと同じようにコミュニケーションが取れます。

実際のオンライン授業画面です
(左側が生徒さん、右側が講師です)

講師が横について教えるのと同じように
指導するために、
生徒さんの「顔」と書いている「手元」を
オンライン上で同時に見ることができます。

挨拶もそこそこに、さっそく問題に取り掛かってもらいます。
問題を解くときには、パソコン備え付けのカメラで「渚央さんの顔(表情)」を映しつつ、もうひとつのカメラで解いている「手元」を同時に映します。

実際のオンライン画面上では、次のように映し出されます。

実際のオンライン授業の画面
(生徒さんの顔と手元の2画面同時モード)

講師は「生徒さんの顔」と「書いている手元」を同時に確認しながら授業を進めます。
渚央さんの表情が曇ったり、問題を解く手が止まったりしたときは、講師から的確にアドバイスをしながら授業を進めることができます。横について教えるのと同じ授業がオンラインでもできるのです。

オンライン授業の様子を動画で!

オンライン授業がどのようにして行われるのか、家庭教師と生徒がどのようにコミュニケーションを取っているのか、ぜひ動画でもご確認ください。

実際のオンライン授業の様子を
録画収録したものです

オンライン家庭教師の授業終了後、
渚央さんとお母さまに
率直な感想をお伺いしました。

「分からないところも、すぐに聞ける!」

渚央さん:家庭教師は自分の近くにいて、すぐ教えてくれる人というイメージを持っていました。今回、実際にオンライン授業を受けてみると、イメージ通り、分からないところがあっても、すぐに聞けて解決できそうな気がしました。

パソコンを普段そこまで多く使わないので、専門的な言葉とかはまだよくわからないですけど、もしオンライン家庭教師をやるとなっても、使っていけると思いました。

「対面かオンラインか、選ぶなら断然オンラインです!」

お母さま:従来の家庭教師は自宅に来るとなると、親や兄弟も含めて、授業の邪魔をしないように協力しながら家庭教師をお招きして…って形になりますけど、その手間がないのがやはり手軽ですね。

映像授業を以前に受講していたことがあるのですが、分からないところがあると、一度止めて見返したりするわけです。それで理解できればいいのですが、子どもは勝手に納得して進んでしまうので、本当に理解できているかどうか不安な点がありました。

その点、オンライン家庭教師ならわからない箇所を徹底的に対策できますし、タイムラグもなかったので、とても新しい授業の形だと思いました。

もし、対面の家庭教師とオンライン家庭教師とを選ぶとなったら、断然オンラインです。教材のデータをその場で出して、それをすぐ解いてという形もできるので、子どもにピッタリだと思いました。

家庭教師を家に呼ぶ負担はゼロ。
ハイレベルな授業を
オンラインで受けられます。

オンライン家庭教師について
詳しく知りたい方はこちらへ

オンライン指導はこちら オンライン指導はこちら

東京女学館対策のオンライン指導に
ご興味ある方、
不明点のある方、
お気軽にお問い合わせください。
どんな疑問にもていねいに
お答えします。

お電話でのお問い合わせはこちら
お急ぎの方は、以下のフリーコールからお問い合わせください。0120-001-691

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 東京女学館中高のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 東京女学館中高で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

東京女学館中高の喜びの声
ご家庭から体験談

「期末テストで、学年50位以内に上がれた」
「教科書対策のおかげです」

東京女学館東京都 S.Tさん

東京女学館S.Tさんより
■ 家庭教師を始める前の状況

【数学】1学期の中間テストでは、学年10位でしたが、その後、徐々に順位が下がり、2学期の期末でちょうど中間ぐらいの順位に下がりました。学校の授業や宿題をしっかりこなすだけでは周囲に追い越されてしまっていました。
【英語】当初より下位1/3程度の順位で低迷していました。内進生の英語のレベルが非常に高く、ついて行けない状況でした。


■ 家庭教師を始めたきっかけ

入学後、成績がどんどん下がっていき、家庭でフォローしても向上がみられませんでした。親が公立出身で、私立中高一貫校の学習ノウハウがつかめませんでしたので、プロの家庭教師をお願いすることにしました。


■ 家庭教師を初めてどう変わったか

【数学】3学期の期末テストで学年50位まで順位を上げました。欠点を見つけてもらった事で基本的なミスに気がつくようになりました。塾でのクラスが1つ上がりました。
【英語】学年のちょうど真ん中ぐらいの順位になりました。予習・復習のやり方を掴みました。


■ 講師への感想

子どものレベルを見極め、適切な指導をして下さっていると思います。
数学では、最初の授業で弱点を見つけ、迅速なフォローをして下さいました。英語では、教科書の取り組み方を丁寧に教えて下さり、学校の授業から定期テストまでの流れがとてもスムーズになりました。
2時間の指導が、いつもあっという間に過ぎ、笑い声も聞こえ、楽しく勉強させていただいている点でも感謝しております。


■ これから家庭教師をつけることをお考えの方に向けて

私立中高一貫校の生活は、入学前に考えていた状況をはるかに超える忙しさです。たいへんなボリュームの学習内容で、進度も速いです。それに加え、毎日の通学、クラブ活動、学校行事もあり、いかに時間を有効に使えるかが大事です。家庭教師の先生にお任せすることで、早い段階で弱点を見つけることができたり、難しいとされる教材の取り組み方を身に付けたり、成績向上を実感できると思います。
生徒の多くは、通塾、家庭教師をつけています。公にはしませんが、皆さんとても熱心でレベルが高い集団です。いかに能力の高い家庭教師に指導を受けるか、という次元の話になります。

東京女学館中高のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、東京女学館中高のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、東京女学館中高で成績を上げるには、「東京女学館中高に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの東京女学館中高のお子さんを指導してきました。ですので、東京女学館中高の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

東京女学館中高に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

私立校の傾向と対策
ページトップへ