選りすぐりの家庭教師がご紹介
東洋英和女学院 数学の定期テスト対策

このページでは、東洋英和女学院の数学についてお話しています。
定期テスト対策や、東洋英和女学院の数学の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

東洋英和女学院・数学 使用教材・問題集

『体系数学』が使用される

taikei

東洋英和の数学では、幾何も代数も、教科書『体系数学』の問題が使用されています。
『体系数学』を扱う学校は、その学校の進度にもよりますが、かなり速いペースで授業が行われます。
そのため進度が早く、ついていけない生徒さんや量が多くこなしきれない生徒さんが、多いです。

ただ、理解と定着を目的とし、自力で繰り返し問題を解けば、ハイレベルな数学も楽に解くことが出来るでしょう。

『体系数学』の詳しい情報はこちら→

東洋英和女学院・数学 授業について

授業は先取り授業

授業はお話した通り、教科書の『体系数学』を中心に進みます。
中2からは、約20名のクラス、中3からは、習熟度別と少人数制の授業で、高校の内容も先取りしていきます。

高2から理系、文系に分かれた習熟度別のクラスになります。高3では、センター試験や二次試験対策の科目も設置されています。

東洋英和女学院・数学 定期テスト・評価

評価は、定期テスト以外にも、提出物や小テストが加味される

定期テストは授業内容から出題されますが、応用問題はほとんど出ません。出題の割合は教科書4割・準拠問題集4割・プリントから2割の出題となっており、準拠の問題集を間違いなく解けるようにしていけば、点数がとれます。
定期テスト以外には小テストも頻繁に行われます。代数と幾何を合わせて評価されるので、どちらも手を抜かずに取り組んでいきましょう。

数学の評価は、定期試験の点数以外に、その他の試験の点数と、宿題および提出物、授業での様子を総合して評価されます。

提出物も成績に含まれるため、期限内に出すことが大切です。計画を立てて、しっかり提出するようにしましょう。

東洋英和女学院のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、東洋英和女学院のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、東洋英和女学院で成績を上げるには、「東洋英和女学院に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの東洋英和女学院のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が東洋英和女学院に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 東洋英和女学院のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 東洋英和女学院で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


東洋英和女学院に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ