早稲田中学・高校
学校の特徴・カリキュラム

早稲田中学・高校 学校の特徴

「誠」「個性」「有為の人材」が教育目標

早稲田中学・高校は、早稲田大学の付属・系属校の中で最も古い系統を誇る学校です。
常に「誠」を基本とする人格の養成に努めると共に、「個性」を大切にし、国家社会に貢献できる、健康で民主的な「有為の人材」を育成することを教育目標としています。

早稲田中学・高校 カリキュラム

中3からは5つのコースに分かれる

早稲田では、中学・高校6か年の一貫教育により、生徒のこころとからだの自然な成長をはかり、自らの志を遂げ得る学力の向上をめざしています。

中2から文系・理系に分かれ、中3からは私立文系、私立理系、国立文系、国立理系、数学文系の5つのコースに分かれます。

早稲田中学・高校 学習ポイント

中高同じ先生が授業をする

早稲田では、主要5教科(英数国理社)に関しては、中学・高校とも同じ先生が指導します。ただ、学年や先生によって、授業の内容に大きな違いがあります。そのため、早稲田で成績を上げるポイントは、授業に合わせた対策をしていくことです。
授業中は集中してしっかりノートを取り、後から見て先生の説明を思い出せるようにしておきましょう。

早稲田中学・高校 課題

部活との両立が難しい宿題量

早稲田では、宿題の量が多いのが特徴です。部活との両立が難しく、部活を断念するケースも少なくありません。
勉強と部活を両立させるためには、効率良く学習を進めていくことが必要です。
分からなかったところや間違えたところには印をつけておき、早めに解決して、テスト前にはその部分を重点的に復習しましょう。

早稲田中学・高校 学習ポイント

大学に内部進学できるのは、4割の生徒

早稲田高校への進学については、中3の成績で、評定6以上が必要です。
また、早稲田大学の系属校で、早稲田大学への推薦枠は生徒数の約40%です。そのため、内部進学を目指す場合は、上位の成績を取っておく必要があります。

内部進学を目指す場合は、定期テストで高得点を取る

成績を上げるためには、定期テストで高得点を取ることが必要です。ただ、早稲田の授業進度は速いので、復習しなければならない範囲が広く、テスト直前になって慌てて対策しても間に合わなくなってしまいます。

内部進学を目指す場合は、早い段階から計画的に勉強を進め、定期テストで高得点を狙いましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 早稲田中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 早稲田中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

早稲田中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、早稲田中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、早稲田中学・高校で成績を上げるには、「早稲田中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの早稲田中学・高校のお子さんを指導してきました。ですので、早稲田中学・高校の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

早稲田中学・高校に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
無料資料請求・お問い合わせ 無料資料請求・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら

学校別傾向と対策

お子さんの学校をお探しください。

  • 東京23区
  • 東京都下
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
ページトップへ