青山学院横浜英和
学校の特徴・カリキュラム

青山学院横浜英和中学高等学校 校風・特徴

キリスト教の女子校

青山学院横浜英和中学高等学校は、キリスト教主義に即し、「心を清め、人に仕えよ」を校訓としています。また、生徒それぞれの個性・能力を十分生かし、社会で活躍できる女性の育成を目標に掲げています。

青山学院横浜英和中学高等学校 カリキュラム

中学では、高校の範囲を先取り学習

青山学院横浜英和中学高等学校のカリキュラムは、中高一貫教育にもとづき、独自に編成されています。
中学では基礎学力の充実を目標とし、高校の内容を先取りして行う教科もあります。

なかでも、英語は特に力を入れています。中1からネイティヴ講師による英会話の授業があり、少人数制授業でより細かな教育を行っています。また、国語は作文や読書で論理的思考力を養いながら、漢字・語彙力の修得にも力を注ぎます。

さらに、各クラスの担任は、正担任と副担任の2名体制をとっており、生徒一人ひとりに配慮できるような体制となっています。

青山学院横浜英和中学高等学校 カリキュラム

豊富に用意された選択授業

青山学院横浜英和中学高等学校では、多くの選択科目を設け、一人ひとりの進路に対応できるカリキュラム編成です。選択科目は、高1で11科目、高2で28科目、高3で41科目設けられており、自分で時間割が組めるように工夫されています。
高校でも、サポート体制は整っており、補講・土曜セミナー・小論文指導・センター試験解説会などが実施されます。
大学受験の体制もしっかり整った学校なので、まずは学校の授業についていくことが第一です。
青山学院横浜英和中学高等学校のカリキュラムに沿って、予習・復習を継続的に行い、分からない分野を残さないよう対策していきましょう。

青山学院横浜英和中学高等学校 補習・補講

「土曜セミナー」や「学習日」など、補習・補講を常に実施

青山学院横浜英和中学高等学校では、教科指導の充実をはかるため、補習(指名制)・補講(希望制)など、さまざまなサポート体制をとっています。

補講は主に、「土曜セミナー」や、火・水曜日に「学習日」が設定されています。
「土曜セミナー」は、1講座80分の申込み制の補講で、中学では英語・数学、高校ではセンター試験や大学入試対策を中心に学習します。
「学習日」では、1月?2月にかけて、高1・2生を対象とした「センター試験開設会」を実施しています。

授業内容の理解が不十分なお子さんは、こういった個別の学習サポートを利用して、学習を進めましょう。

また、「勉強マラソンシート」を作り、1日2時間の家庭学習を習慣づけるようにしています。シートが完成すれば賞状や学校グッズがもらえる仕組みになっています。

青山学院横浜英和中学高等学校 内部進学

内部推薦には「到達度試験」合格が必要

青山学院横浜英和中学高等学校に行くには、中3の夏休み明けに行われる「到達度試験」に合格する必要があります。試験前に慌てないよう、夏休み中にしっかり復習することが大切です。

青山学院横浜英和中学高等学校 大学進学

外部大学受験のための特別講座がある

青山学院横浜英和中学高等学校では、高3対象に3月から12月の毎日放課後80分、特別講座が開かれます。
英、数、国、理、社に関する「センター英語対策」「物理演習」などのレベルの高い演習を通して、志望校合格に必要な実力をしっかり身につけましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 青山学院横浜英和のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 青山学院横浜英和で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

青山学院横浜英和のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、青山学院横浜英和のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、青山学院横浜英和で成績を上げるには、「青山学院横浜英和に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの青山学院横浜英和のお子さんを指導してきました。ですので、青山学院横浜英和の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

青山学院横浜英和に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

私立校の傾向と対策
ページトップへ