横浜雙葉
学校の特徴・カリキュラム

横浜雙葉 校風・特徴

中学は、小学校からの内部進学が約半数

横浜雙葉は、6年間をトータルに捉えた完全中高一貫校です。
中学入学の半数は、小学校から内部進学です。入学当初、内部生が外部生との学力差に焦るケースが多くみられます。

外部生に差を広げられないようにするには、十分に予習・復習を行うことが必要です。毎日少しずつ積み上げていけば、中学入学後、1年経つ頃には、差が埋められるようになります。

横浜雙葉 カリキュラム

小テストが頻繁にある

横浜雙葉の授業では、学年が上がるにつれて、英単語や漢字などの小テストが頻繁になり、宿題の量も増えて忙しくなります。
そのため、授業に遅れないように、計画的に勉強を進めていくことが大切です。小テストで着実に点を取り、宿題をこなせるように、カリキュラムに合わせた学習スタイルを早めに確立しましょう。

英数では、高1から習熟度別授業

横浜雙葉では、高1から英語と数学で3段階の習熟度別授業が展開され、さらに、高2からは、文系と理系に科目選択制が導入されます。
また、高3からでは自由選択科目を多く設定し、レベルの高い授業を展開します。

横浜雙葉では授業の進度が速く、ついていけなくなってしまうお子さんも少なくありません。通塾されるお子さんも多いですが、学校の勉強との両立が難しくなる場合もあります。

横浜雙葉 再試

赤点はないが・・・

横浜雙葉では赤点という概念はありませんが、「○点以下は再試」という形になっています。この再試は、合格点がとれるまで続きます。

再試が増えると、毎日の勉強の負担が増えてしまいます。そうならないよう、日々予習・復習をして学習内容を定着させることが大切です。

横浜雙葉 小テスト

「Weeklyテスト」は、毎週課される

横浜雙葉には、毎週課される「Weeklyテスト」は、点数が悪いと強制的に補習が行われます。
テスト自体は授業内容を理解していれば解けるものなので、日々の予習・復習をしっかり行いましょう。

横浜雙葉 大学進学

まずは横雙の授業を着実にこなし、学習のリズムを作ること

横浜雙葉では高校に入ると、大学受験を念頭に置いた授業が始まります。
大学受験対応の授業はハイレベルです。高校になる前に、中学の学習内容をしっかり定着させ、基礎力を養っておかないとついていけなくなってしまいます。ですから、予備校や通塾で負担を増やすよりも、まずは横雙の授業を着実にこなして学習のリズムを作ることが優先です。

そのためには、横雙の教材やカリキュラムに沿って勉強を進めることが大切です。
部活や宿題で忙しいと思いますが、日々継続的に勉強するよう心がけましょう。

私立専門《一橋セイシン会》が選ばれる理由

  • 横浜雙葉中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます
  • 首都圏唯一の私立専門家庭教師です
  • 横浜雙葉中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます
  • 内部進学・進級が難しいお子さんを、何とかします

横浜雙葉中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存じの通り、横浜雙葉中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と、他の学校とは異なっています。そのため、横浜雙葉中学・高校で成績を上げるには、「横浜雙葉中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの横浜雙葉中学・高校のお子さんを指導してきました。ですので、横浜雙葉中学・高校の定期テストでどこが出やすいのか、成績を上げるポイントを把握しています。

横浜雙葉中学・高校に強い家庭教師をお探しの方は、ぜひ当会にお問い合わせ、または下記より郵送資料(無料)をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

メディア掲載情報

AERAKids 頭のいい子の育て方 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
AERAKids 2012年6月20日付き 頭のいい子の育て方 2010年3月25日付 頭のいい子の育て方 2009年4月3日付 頭のいい子の育て方 プレジデントファミリー
私立校の傾向と対策
ページトップへ