選りすぐりの家庭教師がご紹介
横浜雙葉 英語の定期テスト対策

このページでは、横浜雙葉中学・高校の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、横浜雙葉中学・高校の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

横浜雙葉・英語 教材

教科書は『プログレス21』

progress21

横浜雙葉中学の英語の授業では、テキストは中高ともに、『プログレス21』を利用します。授業はテキストとプリントを使って進みます。

『プログレス21』はBook1~6まであります。
プログレスは難度が高く、実践的な英語力が身につくものの、大学受験には不向きな部分もあります。

そのため、大学受験のための勉強と、内申点を取るための学校の英語の勉強で大変になってしまうお子さんが多いです。

『プログレス21』の詳しい情報はこちら→

横浜雙葉・英語 授業

中学では、毎週「Weeklyテスト」がある

横浜雙葉中学では、毎週「Weeklyテスト」が実施されます。このテストは、『プログレス21』のsceneとlookから出題されます。ですので、テスト前にはその部分を学習しておきましょう。

授業では文法は後回し

また、高校の授業では、受験よりも「物語を英語で読める・理解する」ことに重点が置かれているため、文法が後回しになりがちです。ですので、大学受験対策として、学校の授業とは別に、早めに文法対策を行いましょう。

宿題量が多く、小テストも実施

毎日、たくさんの宿題に加え、小テストも実施されます。予習・復習に取り組む勉強習慣を身につけましょう。

横浜雙葉・英語 定期テスト

テキスト中心の出題

横浜雙葉の英語の定期テストは、基本的にはテキスト中心の問題です。ただ、テキストの本文とは時制や単語を変えて出題されます。また、英作文の出題も多いため、文法や新出単語など、授業で習った基本事項はおさえておきましょう。

先生によっては、教科書の本文をそのまま暗記させたがる先生もいます。しかし、前にも述べたとおり、英作文の出題も多いため、スペルミスなどのないように、何度も書くことも大切です。

横浜雙葉中学・高校のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、横浜雙葉中学・高校のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、青山学院中高で成績を上げるには、「横浜雙葉中学・高校に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの横浜雙葉中学・高校のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が横浜雙葉中学・高校に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 横浜雙葉中学・高校のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 横浜雙葉中学・高校で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


横浜雙葉中学・高校に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ