選りすぐりの家庭教師がご紹介
横浜女学院 英語の定期テスト対策

このページでは、横浜女学院の英語についてお話しています。
定期テスト対策や、横浜女学院の英語の授業の補習・教科書などについて、詳しく載っています。
お子さんの勉強の参考になる情報がきっと載っていますので、ぜひお読みください。

横浜女学院中学校・英語 教材

教科書は『プログレス21』

progress21

授業は、少人数制の習熟度別クラスに分かれ、難度の高い『プログレス21』とオリジナルテキスト『We Like English』を用いて進みます。この『プログレス21』は難易度が高いテキストですので、中1のうちは、学校オリジナルのプログレス導入教材とCDを 使用します。

『プログレス21』の詳しい情報はこちら→

横浜女学院中学校・英語 学習ポイント

休日に小テスト対策に専念することが大切

横浜女学院中学校の授業は進度が速い上、英単語や熟語の小テストが毎週あります。平日は宿題・復習に専念し、土日のうちに小テスト対策と予習をしっかり行いましょう。

横浜女学院高校・英語 特徴

高得点のカギは宿題

教科書は、先ほどもお伝えした通り、『プログレス21』を使用しています。毎回の授業では、必ず「教科書の文を写し、単語を調べ、訳す」という宿題が出されます。ただ、英語では、宿題チェックをしていないため、宿題をやらないお子さんも多いようです。
宿題をしているお子さんと、そうでないお子さんとでは、定期テストの成績に大きく差が出ます。成績を上げるために、宿題にはしっかりと取り組みましょう。

横浜女学院高校・英語 進学

学校とは別に受験対策

授業では「教科書の本文の暗記」を指示されますが、それだけでは大学受験レベルの実力が身につきません。大学受験する場合は、学校の授業以外にも受験対策 が必要です。特に、長文読解中心の『プログレス21』では文法事項の定着が弱くなってしまう場合があるので、文法を重点的に進めていくことが大切です。

横浜女学院のお子さんの成績を上げます!

ご存知の通り、横浜女学院のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、横浜女学院で成績を上げるには、「横浜女学院に詳しい」ことが必要です。

私たちの会では、これまで、数多くの横浜女学院のお子さんを指導してきました。一橋セイシン会が横浜女学院に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

1. 横浜女学院のカリキュラムに合わせた、定期テスト対策・補習ができます。
2. 全国で唯一の私立専門家庭教師です。
3. 横浜女学院で成績が上がる勉強のやり方を教えます。
4. 内部進学・進級が難しいお子さんの成績を上げます。


横浜女学院に詳しい家庭教師をお探しの方は、
ぜひ当会にお問合せ、または無料の資料をご請求ください。

私立専門家庭教師・一橋セイシン会

お電話でのお問い合わせはこちら
ページトップへ